松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS 世界の今と日本

【中東で、もう一つの悲劇】【Another tragedy in the Middle East】

2020/04/20

BBCがレポートを発表した。 English follows after Japanese
調査の結果、シリアのクルド人のリーダーの一人であるエヴリン・カラフを拷問のうえ殺害したのが、トルコが支援する民兵組織「シリア国民軍」だったことが判明した。彼女は「シリアの未来党」の有望なリーダーで大学卒業後、政治家を志し、キリスト教徒やアラブ人、クルド人の融合に務め外交の才能を発揮。「シリア未来の党」の事務局長を務めていた。34歳だった。

画像1

https://www.youtube.com/watch?v=UMcm2a2KNLA

彼女を乗せた車列が襲撃され、引きずり出された彼女の足は硬い物で何度も殴打され複雑に骨折。現場には、引き摺り回されて頭皮がついたままの髪も残っていた。

画像2

https://www.youtube.com/watch?v=UMcm2a2KNLA

襲撃は、「平和の春」作戦と称し、トルコがシリアに侵攻した数日後のことだった。NGO(シリアの人権監視団体)は、10月9日の「平和の春」作戦開始以来、付近で9人の民間人が、処刑のような形で殺害されたと報じている。ガーデイアン紙は、彼女の死を「大きな損失」であると悼み、ベルリンでは、エヴリン・カラフの死を悼むデモも行われていた。

BBC published the investigation into the death of Hevrin Khalaf.
According to BBC, she was killed by Syrian National Army, backed by Turkey.
She was a politician, who tried to unite Christians, Arabs, and Kurds and was working as the secretary general of “Future Syria Party”.
She was killed several days after Turkey invaded Syria with “Operation Peace Spring on 9 October 2019. Syrian Human Rights Watch said “Nine civilians were executed at the south of the town of Tal Abyad.
Her bones of the leg were fractured hit by something hard and her hair was pulled out with bits of flesh.
The Guardian stated that her death was a great loss with utmost grievance and some protests occurred against Turkey’s military operation in Berlin. (Photos from BBC & FB)

-NEWS, 世界の今と日本