松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS 世界の今と日本

【中国 物価高騰・景気減速のダブル・パンチ】English follows after Japanese

2019/09/16

景気は冷え込んでいるというのに、中国の消費者物価は、8月に前の年と比べ2.8%上昇。豚肉に至っては47%の上昇だ。
肉といえば豚肉を指す食文化の中で、これは大きい。政府は物価上昇を押さえるため約360億円の補助金をばらまいた。

中国人にとって、祝いの日に「豚肉を食べられるかどうか」は貧困脱出のメルクマールであり、ほとんどの中国人が豚肉を日常的に食せるようになったのが共産党の一つの功績だった。10月1日の国慶節の日に、庶民が豚を食べられないようでは、「共産党支配の正統性」という問題にすら発展しかねないのだ。

この春から中国で豚コレラの蔓延が指摘され、結果、国内の豚の3分の1が殺処分となった。1〜7月に前年より36%増の100万トンを輸入したが、消費の3%以下に止まり、焼け石に水。
中国の豚肉消費量は世界一。

国ではアフリカ豚コレラまん延で豚肉価格が高騰、指導部は対策に追われている RAUL ARIANO FOR THE WALL STREET JOURNAL

北京政府は、国慶節に向け、備蓄用の豚の放出なども計画しているが、皮肉なことに今年のアメリカからの豚肉輸入は30万トンに達し、過去最大となる見通し(サンケイビズ 4月24日)もある。ちなみに中国はアメリカからの豚の輸入に25%の追加関税をかけ、9月1日にはさらに5〜10%を上乗せしたばかり。

問題に拍車をかけたのが、トウモロコシや大豆が、夜盗虫(ヨトウガの幼虫armyworm)の大発生で食い尽くされ、生産が激減したことだった。
中国は世界の大豆輸入の約6割を占め、その3分の1はアメリカから輸入してきた。

中国は米中貿易協議で、これまでにアメリカからの農産物、特に豚やトウモロコシ、大豆の輸入を申し出ていたが、これは、歩み寄りというより実は、それらを中国がどうしても必要としていたからだった。これほどの量の豚や大豆をアメリカに変わって輸出する余力のある国はほとんどない。

ブラジルからも輸入を増やし、アルゼンチンからはそれまでこだわってきた「大豆を輸入し、国内で加工」という原則を崩し、大豆カスの直接輸入にすら踏み切った。国内産業は育てたいが、背に腹は変えられない。

中国の大豆輸入は過去10年間に約3倍に増加している。
収入が上がると、肉、ミルク、卵の需要が増え、全体にタンパク質を求める方向へ食生活が変化してきたからだ。(大豆を飼料に混ぜると穀物の動物性タンパク質への変換効率が飛躍的に高まるらしい)

写真はウォールストリートジャーナルより

 

中国の大豆輸入増加分の6割以上がブラジルからだ。
ブラジルは、ここぞとばかり大豆増産に舵を切った。しかし、同じ面積での栽培ではそうそう増産できない。では、どこで大豆を作るのか?

思い出してほしい。
この夏世界中が注目したアマゾンの森林火災を。
この災害は、「焼き畑農業に承認を与えた政府が引き起こした人災」と科学者たちから非難された。
最初は責任回避しようとしたボルソナロ大統領も、アメリカ、ノルウエー、フィンランドなどのボイコット。さらにはEUと南米4カ国の自由貿易協定へのフランスの反対などに屈し、消火活動に軍を出動して本格的に乗り出した。

中国の豚コレラ、ヨトウ虫被害がアマゾンの森林火災にまで広がるのか・・・。
香港問題、豚コレラ、ヨトウ虫、10月に予定される米朝貿易交渉の準備、長老たちが抱える不満と怒り・・・習近平政権が、無事に国慶節を祝えるか、目の前に問題は山積だ。

ブラジル、アマゾンのキャッサバ畑を焼く火災。研究によると、古代の農法が、現代の熱帯雨林火災に影響を及ぼしているという。(PHOTOGRAPH BY CHARLIE HAMILTON JAMES, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

 

【 Punches for Xi Jing Ping 】
CPI in China rose record high in August. It was 2.8% in general, but the price of pork rose 47%, despite the economy is in downturn.
This is a big punch for Chinese, who eats pork a lot.
The government paid as subsidies to control the price around 3.6 billion Yen already.

It is the criteria for Chinese to get out of poverty whether you can eat pork for celebrations.
It could be said that it is one of the biggest achievements of the Communist party to have made common people to be able to eat pork casually.
If people cannot enjoy pork on the 1st of October, “the legitimacy of the Communist regime” would be at risk.

African swine fever has been a big problem in China since this spring. By now around 1 third of pigs were killed to contain the disease.
Although Beijing imported a million tons of pork by July, it covered only 3% of the consumption.
China is the world largest consumer of pork.

国ではアフリカ豚コレラまん延で豚肉価格が高騰、指導部は対策に追われている RAUL ARIANO FOR THE WALL STREET JOURNAL

Beijing is planning to release frozen pork for the celebration, but it seems not enough.
It is even said that the amount of import from the US in 2019 could be 300,000 tons, the record high in decades.
It ‘s irony, because Beijing has put up 25% of tariff on pork and just added 5~10 % more on Sep 1st on the import from the US.

Another thing is the spread of armyworm, which ate corns and soybeans. China used to import around 60 % of soybeans in the world and a third of it was from the US.

China had offered to buy more soybean and pork from the US in the trade talks.
It was not compromise, because China really needed them in the end. There weren’t many countries, which could substitute the US as long as soy beans and pork are concerned.

China has increased the imports of soybean from Brazil and Argentine this year.
It even accepted to import processed-soybeanl from Argentine, although China tried to keep importing soybeans and process them in China to grow industry.
It had no choice to give up processing soybean at home.

写真はウォールストリートジャーナルより

In this decade, China’s import of soybean became tripled, because of the shift of peoples’ food consumption.

Brazil covered more than 60% of its increase.
Brazil was determined to increase soybean production.
The problem was where they grow that much soybean, when the efficiency would not get better?

Please remember the terrible fires in Amazon in this summer.
Scientists accused them as artificial disaster but natural.
Although president Bolsonaro tried to avoid the blame, he decided to use military to stop the fires after Western countries boycotted Brazilian products and France even opposed to continue talking FTA with 4 countries in the South America.

Who would imagine that African swine fever and armyworm in China could be distant causes of Amazon fire?

Hong Kong, African swine fever, armyworm, disappointment and fury of the senior Chinese politicians, preparation for the trade war against the US… there are so many problems to face for Xi administration to survive October.

ブラジル、アマゾンのキャッサバ畑を焼く火災。研究によると、古代の農法が、現代の熱帯雨林火災に影響を及ぼしているという。(PHOTOGRAPH BY CHARLIE HAMILTON JAMES, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

-NEWS, 世界の今と日本