松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS 世界の今と日本

【『水の革命』最初の勝利に乾杯!】English follows after Japanese

2019/09/11

長い3ヶ月だった。
ついに香港政府が、「逃亡犯条例改正案」を正式に撤廃した。しかし、5項目の要求の一つでしかなく、民主派団体は「戦い続ける」と声明を出した。
彼らの最大の目標は、北京政府が選んだ候補だけではなく、一人1票の投票で代表を選ぶ「真の普通選挙」だ。彼らは、ブルース・リーの「水になれ!」を合言葉に戦ってきた。「形を作らず、まとまらず、水のようになれ!」

水は静かに流れることもできるし、力強く岩をも砕くこともできる。「水のように、柔軟に動け」。街中で「しずくのように集まれ」、そして逮捕されず、戦い続けられるよう「霧のように散れ!」
上下の指令系統もなく、作戦もスローガンもSNSで意見を募り、分担して活動した。
それが北京当局も予測できない動きとなった。

8月22日、中国がSNSやメディアを使い、香港のデモに対する批判を世界に拡散させようとしている。写真は香港の地下鉄構内に集まったデモ参加者。8月21日、元朗地区で撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

ガスマスクにヘルメット、傘と黒い服。それだけが「連帯」のよりどころだった。
「民主主義を!さもなくば、死を!!」

遺言を持ち歩いた若者もいたという。
雨傘運動のリーダーたちは何の要求も通らないまま、のちに逮捕され、数年間刑務所で過ごした。
怖くなかったはずがない。

人民解放軍の統制下にある武警はすぐ近くで弾圧の訓練を繰り返し、放水車からは識別用の青い水が放たれた。
警察の暴力で片目を失明した女子学生は、常に一人一人の想いの中にあり、いつ誰が同じ目にあうかもしれないと覚悟させたことだろう。

警官に片目を傷つけられた同志との連帯を表す眼帯をして戦うデモ隊(8月12日、香港国際空港) Issei Kato-REUTERS

北京政府のツイッターやFB、SNSによる情報操作もあった。
世論を誘導しようとした書き込みや動画が発見され、ツイッターは900件を超えるアカウントを閉鎖、そのほかに約20万件の不正アカウントを利用前に凍結したと発表した。ユーチューブも偽コンテンツとして210チャンネルを削除した。(FBは15件を削除した。たった??という気もする)

中国国内で、世論を誘導する「五毛党」などの存在に焦点が当てられた。投稿一本につき5毛(約9円)、を受け取り、政府の意向を受けて世論を誘導する人々。
政府職員や学生のバイトを含め、1千万人いるとも言われる。
あからさまな反対ではなく、話題のすり替えや巧妙な手口で、分断を狙う。

北京政府が恐れたのはこのような状況が海外メディアの目で報道され、さらなる中国批判を呼び起こし、結果的に、本土全体の不安定に拍車をかけることだったのではないだろうか?

6月20日、世界有数の「金融ハブ」香港では今月、2度の大規模抗議デモが行われ、中国本土への犯罪容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例改正案」の撤回を求める参加者が中心部の通りを埋め尽くした。香港で16日撮影(2019年 ロイター/Tyrone Siu)

ポーランドの「連帯」がストライキを始めてから、共産圏で初めて民主主義的政権を打ち立てるまでに8年かかった。暴力もあった。逮捕もあった。裏切りもあった。
ワレサ委員長自身が共産党政府とつながっていたという疑惑も完全には消えていない。
8年間行動を続けるためにはきれいごとだけでは済まない面もあったろう。

戦闘では退却が一番難しいという。
どう運動をまとめ、どこで折り合い、何をもって成功とするのか?
内部で意見の違いが起こりうる多くの岐路が待ち受けている。

香港の「雨傘運動」を主導した学生団体の元幹部、周庭さん 毎日新聞

彼らの戦いは、まだ終わってはいない。
王岐山を含む習近平指導部がこの一手で引くはずも、市民達が納得するはずもないからだ。
.
海外メディアの注目が薄れた頃を見計らって、北京政府が大規模な弾圧を行わないという保証はない。
これまで逮捕された人々の起訴を取り下げ、最終的には自分たちの代表を自分たちの投票で選ぶ『普通選挙の実現』が、市民たちにとって、最も重要なゴールだろう。

デモ隊を排除するために放水車から放たれる青色の水(31日午後、香港で)=片岡航希撮影

放水車、雨、雨傘、そして「水のようにあれ!」この3ヶ月間、香港には常に水があった。
この香港の「革命」はいつか「水の革命」と記憶されることだろう。
香港で起こったこの水の流れが、いつか他の流れと合流し、大河となって「自由の海」へ注ぐことを願って、今は筆を置く。

3ヶ月戦い抜いてきた香港の人々に、今は、乾杯!!😉💕

【 Revolution of Water -Hong Kong formally withdrew the extradition bill 】

Three months! It has been a long fight.
Chief executive Carrie Lam formally withdrew the controversial extradition bill.
The protesters rebuffed it and announced “ Too little, too late. We will continue fighting! ”, because it is the only demand out of 5 demands they have fought for.

They followed the words of Bruce Lee, the movie star born in Hong Kong.
“ Be like water.”
“ Don’t take a rigid shape, don’t make a group, and be flexible like water!”.

8月22日、中国がSNSやメディアを使い、香港のデモに対する批判を世界に拡散させようとしている。写真は香港の地下鉄構内に集まったデモ参加者。8月21日、元朗地区で撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

Water can run quietly but also so powerful to crack a rock.
Move like water, gather like water drops in town, and disperse like fog in order not to be arrested to continue fighting!

The did not have a pyramid system of order. They decided slogans talking each other through SNS, every move was democratic. That made the Beijing impossible to expect their next move to stop.

Their gasmasks, helmets, umbrellas and black shirts made up their identity to unite them.
“ Democracy or death!”

Some wrote dying note to carry.
Some left short messages to their parents.
The leaders of Umbrella Movements were caught and spent years behind bars.
I can feel their fear.

警官に片目を傷つけられた同志との連帯を表す眼帯をして戦うデモ隊(8月12日、香港国際空港) Issei Kato-REUTERS

The armed forces under the control of the Peoples’ Liberation Army amassed with tanks in Shenzen, next to Hong Kong. Troops repeated drills to crack demonstration and released the video to scare them off.

Water cannon used the colored blue water to recognize the demonstrator even after the participation. The fact that a female student lost her eye sight because of the police attack not only united them but also scared them, for it could happen to anybody.

Beijing has tried to maneuver people inside and outside the country using false information. Twitter announced they shut more than 900 accounts being used such information control by the Government. It said it froze as many as 200.000 false accounts, which was suspected to be used by the Government to maneuver the readers impression about the demonstration.
FB closed 15 postings.

6月20日、世界有数の「金融ハブ」香港では今月、2度の大規模抗議デモが行われ、中国本土への犯罪容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例改正案」の撤回を求める参加者が中心部の通りを埋め尽くした。香港で16日撮影(2019年 ロイター/Tyrone Siu)

The light was on to the “Gomou-group”, who maneuver the people by posting article or comments according to Beijing’s will. They are paid Gomou( about 8 cents).
Students, civil servants, and all other people, who help Beijing’s PR in internet and SNS is said to be as many as 10 million.
They try diversion the attention of the people from the issues, those which Beijing don’t want to spread and divide people.

What Beijing was afraid was maybe these measures were dug out by foreign press and it could influence many social unrests which is taken place in China.

“The Solidarity” in Poland needed 8 years to established the first non-communist government in the satellite country under the influence of Soviet Union.
There were violence, arrests and betrayals.
Even the suspect that Lech Walesa was connected with the communist government behind the door is not cleared yet.
Keep fighting for 8 years was not a fairy tale, I assume.

香港の「雨傘運動」を主導した学生団体の元幹部、周庭さん 毎日新聞

They say the retreat is the most difficult thing in the battle.
How far should we go, what makes the movement successful? There would be many turning points.

Their fight is not over yet.
Xi Jing Pin will not leave this event here, the demonstrators won’t be satisfied with one met demand.
They had 5 demands including dropping charges against all arrested protesters. I assume
the final goal of them is the Universal Suffrage in the territory, they want vote for the representatives with their free will.

Xi might have some plan to crack down this movement after foreign attention subdued.

デモ隊を排除するために放水車から放たれる青色の水(31日午後、香港で)=片岡航希撮影

Water cannon, rain, umbrella, “ Be like water”--- I have seen water in Hong Kong for all three months.
This great movement might be remembered as the “ Water Revolution”.
I wish this tenacious stream of water started in Hong Kong will join other streams to make a big river, which flows into the ocean of Freedom.

I want to raise a glass for the first victory of the great protesters in Hong Kong! 😉💕🍾

-NEWS, 世界の今と日本