松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS 世界の今と日本

【トルコ・ナウ 経済悪化とシリアでの軍事行動 】English follows after Japanese

トルコの4〜6月期の GDPは前年同期比マイナス1.5%。3四半期連続のマイナスだ。インフレ率は15%を超し、物価高で消費が低迷している。

エルドアン大統領は無理なインフラ投資を続けて景気を維持してきたが、今や政府・民間の投資もマイナス22.8%とトルコ経済を支えられなくなっている。

15歳から24歳の若者の失業率は23.2%で社会不安の可能性も残る。

アメリカとの軋轢も高まる。七月にロシアの対空防衛システム S-400の搬入が始まり、アメリカは次期戦闘機 F-35の共同生産からトルコを除外した。NATO諸国からの反発も強まる。

トランプはトルコ制裁を保留しているが、議会からは「トルコに制裁を科さなければならない」(下院の外交委員会)などの突き上げが激しくなっている。

【 トルコ・ナウ  経済悪化とシリアでの軍事行動 】English follows after Japanese

プーチンはこの機にNATOの連携をくずすべく、スホイ35の売り込みを進めている。
「共同生産」をちらつかせ、国内での武器産業を育てたいトルコを誘惑する。

ただし、シリアではロシア、トルコ、イランの共同戦線に変質が起きつつある。
ロシアが支援するアサド政権が安定するにつれ、反体制派(アル・カイーダ系)を支援するトルコの孤立が目立つ。

アメリカは八月はじめ「シリア国内の国境付近に、トルコと合同で『安全地帯』を設立する」ことでは合意したものの、エスパー国防長官が「シリア民主軍に対し、トルコが一方的な軍事作戦を計画していることは容認できない」と強く批判していた。

シリア民主軍には、 IS掃討でアメリカなどと協力してきたクルド人が含まれる。
アメリカはクルド人への攻撃を許さないとしている。

トルコはユーフラテス川以東への軍事作戦を開始するとして、シリアとの国境に軍を集中させている。
標的はクルド人勢力だ。

シリア人権監視団によると4月下旬以降、市民の犠牲者は約1000人に上る(イドリブ県)=シリア民間防衛隊・AP

8月19日、シリア北西部イドリブ県で、アサド政府による空爆を受けてトルコ車両の3人が死亡、12人が負傷した。アサド政府は「トルコ軍車両が国際法に違反し、武器や弾薬を積んで越境した」と非難した。
トルコはロシアには通告していたと反論している。(守ってはもらえなかったようだが)

ロシア、アメリカ、トルコ、イランなどの思惑が交差し、シリア北西部では混乱が続く。
最も気になるのが、その隙をついて、イスラム国(IS)がシリアやイラクで再び力を増してきていることだ。

【 Today’s Turkey 】

The GDP of Turkey grew -1,5% in the second quarter in 2019. The negative growth is the third consecutive terms.
Inflation rate is as high as 15% and the consumption is week.

Erdogan has tried hard to keep the economy grow by irrational stimulus for long, however, both public and private investment fell by 22,8%.
It is now clear this measure will not work any longer.

Jobless youth rate is 23.2% and the social unrest could happen easily.

【 トルコ・ナウ  経済悪化とシリアでの軍事行動 】English follows after Japanese

The conflict with the US is getting more serious.
Some part of the Russian missile defense system S-400 has delivered to Turkey in July.
This movement incurred the distrust of the members of NATO.
The US omitted Turkey from the joint production plan of F-35 fighter jets.

Trump has not decided which way to move, despite some law makers assert the US should punish Turkey, such as the committee of foreign affairs in the congress.

Putin is making use of the occasion to shake NATO.
Russia is offering to sell Su35, even mentioning the joint production.
Turkey wants to establish arms industry of itself and is attracted by the offer.

On the other hand, the triangle corporation of Turkey, Russia and Iran in Syria is now changing its shape.
Turkey, which supports anti-Assad government, seems to be isolated in Syria while Assad regime is becoming more powerful.

シリア人権監視団によると4月下旬以降、市民の犠牲者は約1000人に上る(イドリブ県)=シリア民間防衛隊・AP

Although the US agreed to establish safe zone along the border with Turkey in early August, the US Defense Minister criticized the movement of Turkey to plan unilateral military attack to the SDF, which include Kurdish militia, who worked with the US to diminish IS’s power in Syria. Esper asserted, “Such military attack is not Acceptable at all”.

Turkey is now piling troops and arms along the border and appealing Turkish military will start a new operation toward the River Euphrates.

Turkey complained that 3 were killed and 12 were injured by the airstrike near Idlib in northern Syria on the 19th. The Assad regime is accusing that Turkish convoy was crossing the border with arms and ammunition and it was against the international law.

Tukey defended that it has reported the move to Russia, which apparently did not protect Turkish movement.

Russia, the US, Turkey, Iran… all players are still in chaos in Syria.
The one more thing makes me concerned is the fact that ISIS are coming back in Syria and Iraq again.

 

-NEWS, 世界の今と日本