松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS 世界の今と日本

【 社員の携帯をチェック・Tシャツのデザインに謝罪要求する中国 】 English follows after Japanese

2019/09/02

香港の民主化デモで、キャセイのCOが辞任に追い込まれたことは以前報じたが、今、キャセイ・パシフックの社員全員が恐怖に陥っている。政府が携帯などをチェックし始めたからだ。
中には FBへの投稿のコピーを見せられ、解雇された社員もいる。

共産党メディアは、キャセイの株の売りを推奨し、デモに寛容な企業を批判する。
これを見た香港の企業は、慌てて「香港政府への支持」を表明し始めた。
HSBCに至っては一国二制度の堅持をアピールし、暴力的抗議に反対する新聞広告まで出した。

8月23日、香港の労働組合、香港工会連合会(HKFTU)は、キャセイ・パシフィック航空に対し、「白色テロ」と呼ばれる社員への政治的弾圧を止めるよう要請した。写真は香港で14日撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

28日、キャセイパシフィック航空社員の解雇に反対する香港のデモ(=AP)

また、Tシャツに「香港」、「台湾」とプリントした高級ブランド、ヴェルサーチやコーチ、ジパンシィなどに北京政府が謝罪を要求し、実際に謝罪させた。
理由は「香港や台湾が中国の領土の一部であると明記されていなかった」だ。

確かに中国のマーケットは大きい。ボイコットされると困る。
しかし大会社の CEOやデザイナーが、FBやツイッター(微博)で「申し訳なかった」と謝るのはおかしいのではないか?
明確な政治キャンペーンではなく、「明記されていなかった」だけなのだから。

ヴェルサーチの店舗。欧米ブランドにとって中国は世界で有数の市場であるだけに、経営トップやデザイナーなどが相次いで謝罪し、事態の早期収拾をはかった(ユニフォトプレス)

2017年、韓国の THAAD(高高度防衛ミサイル)配備に土地を提供したロッテは、中国国内でボイコットや、店舗への中国人暴徒の襲撃が相次ぎ、ついに中国からの撤退を決めた。

現在中国は、外国企業のポイントによる格付けを行い、優遇措置などを決めるシステムを開発中だ。普通の国なら「税金逃れ」や「環境への配慮」などが基準になると想定されるが、現在の中国では「共産党政府に従順か?」、「民主化を支援していないか?」など、恣意的に運用される可能性が高い。

何しろチェック項目は300ほどあるという。
政府が恣意的に「特別監査」をかけると、トルコの例では、最大の財閥ですら、屈服するしかなかった。そうやって全てのビジネス界がこの数年でエルドアンの軍門に下った。
中国でそれが起こらないと誰が言えよう。
EUの商工会議所は、自国の企業に警告を発した。

韓国の高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備をめぐって、中国ではボイコットを求める声が高まっていた韓国ロッテ。写真は吉林省にあるロッテマート(=Record china )

経済特区を増やし、外資規制を緩め、海外からの起業や投資をつなぎとめようとしている中国だが、このような事態が続けば、中国に進出する外国企業は減るだろう。

今年6月の調査で、「許認可で不利な扱いを受けている」、「知的財産が保護されていない」などの理由で、この一年で投資を減らしたり、今後、海外への移管を計画しているアメリカ企業は27%に上った。

8月に米中貿易戦争は激化し、関税が引き上げられたのは、その後だ。
今回のように「共産党の考えに同調しない企業へのボイコットや嫌がらせ」が行われるのを目の当たりにした現在、その数字がさらに上がるのは当然と考えるのは筆者だけだろうか?

ともあれ、良い週末をお過ごしください!!😉💕

(写真はAP:キャセイの解雇に抗議する香港市民、ユニフォトプレス、Record China)

Shabbat Shalom, my dear friends!!
I do wish you a peaceful weekend! 😉💕

【 Checking workers’ mobile phones, requiring apologies for printing “Hong Kong” on T-shirts 】

As I reported, the CEO of Cathey Pacific was forced to step down. Now all the workers of Cathey are in fear, because the Beijing is checking their mobile phones. Some were even fired after being shown the copy of their posts for FB.
They just support the pro-democracy demonstrations without participating the demonstration.

Mass media openly started to accuse enterprises, those which are supportive to the pro-democracy demonstrations and some analysts advised to sell the stocks of those companies.

8月23日、香港の労働組合、香港工会連合会(HKFTU)は、キャセイ・パシフィック航空に対し、「白色テロ」と呼ばれる社員への政治的弾圧を止めるよう要請した。写真は香港で14日撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

28日、キャセイパシフィック航空社員の解雇に反対する香港のデモ(=AP)

Now many enterprises in Hong Kong are in rush to show their support for the Government.
HSBC even published ad to oppose any challenge for “One Country, Two Systems” and accused the violent demonstrations in newspapers.

Beijing also asked official apologies from Versace, Coach, and Givenchy, because they sold T-shirts with “ Hong Kong ” or “ Taiwan ” without clearly saying those are a part of Chinese territory.

The CEOs and designers posted to Chinese SNS, saying “We apologize for the dispute. We love China and respect the sovereignty of China’s territorial state”

I can understand China has a big market and they don’t want to be boycotted.
However, is not it strange?
They did not appeal Hong Kong or Taiwan was independent even.

ヴェルサーチの店舗。欧米ブランドにとって中国は世界で有数の市場であるだけに、経営トップやデザイナーなどが相次いで謝罪し、事態の早期収拾をはかった(ユニフォトプレス)

In 2017, when Korean Lotte group delivered the land to implement THAAD system in South Korea, shops were attacked by the mob and the goods were boycotted by Chinese.
Lotte finally decided to retreat from China.

Now Beijing is trying to establish the system to give points to foreign enterprises according how they behave. The points will be used to decide how Beijing treat them. They say the criteria would be paying tax or contributing for the environment.
Many, however, suspect that Beijing would use the system to check how are the enterprises cooperative to Chinese government, and whether they support democracy etc.

On the other hand, the Chinese government create more Special Economic Zones and try to ease the restriction for the foreign investment to keep foreign enterprises and investment in China.

韓国の高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備をめぐって、中国ではボイコットを求める声が高まっていた韓国ロッテ。写真は吉林省にあるロッテマート(=Record china )

The research conducted in June showed that about 27% of the US enterprises had decided to reduce the investment to China in a year or plan to move out to other countries, because they felt they were treated unfairly with permissions and authorizations and their intellectual properties were not protected.

The tariffs rose and the trade war became more serious in August after the reserch
They also witnessed Beijing is bullying foreign enterprises, those which do not obey their way of ruling.
Is it only me, that assume the rate of enterprises who plan to move out of China would have been sored after such visible bullying?

(Photo;from AP, Uniphotopress, China record)

-NEWS, 世界の今と日本