松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS 世界の今と日本

【 米中激突 貿易と南シナ海 】 English follows after Japanese

2019/08/27

体調を崩していた1週間になんと多くが起こったことか。
金曜にアメリカ市場が開く直前、中国が第4弾への報復措置を発表。原油や農産物などアメリカからの輸入品(約8兆円分)に5〜10%の関税をかけるとした。9月1日と12月15日に分けて発動する。明らかに米株式市場の混乱を狙ったタイミングだ。

激怒したトランプは、アメリカ企業に対し「偉大なアメリカ企業は生産拠点を米国に移すなどの中国の代替先を迅速に探すよう命じる」とツイートし、「我々にとって中国は必要ない。正直言って中国がいない方が暮らし向きが良くなる」と主張した。
ツイートによる「命令」に拘束力はないが、多くの企業が圧力を感じるはずだ。

対中関税の引き上げを表明したトランプ米大統領の投稿(ツイッターの画面)

アメリカの市場が閉まると米通商代表部は、これまでの第1〜第3弾までの2500億ドル分の関税を25〜30%に引き上げ、今後引き上げる第4弾も、10%の予定を15%に引き上げると発表した。

これらを受けて、アメリカの株価は600ドル以上下落し、ドル売り・円買いにつながった。
人民元も本土以外の市場で急落した。日本市場も混乱した。

よく見れば、中国にはこれ以上関税をかけられる輸入品はレアアースやほとんどない。
トランプはクリスマス商戦への影響は抑えるべく、第4弾のうちおもちゃなどの関税発動は12月15日のまま。

中国が米国製品に対する追加報復関税を発表したことを受け、トランプ米大統領は、対中関税の新たな引き上げを発表した。写真はワシントンで8月20日撮影(2019年 ロイター/Kevin Lamarque)

表の貿易戦争と同時に、南シナ海でも厳しい対決が続く。
先日、1ヶ月以上にわたるベトナムの EEZ内での中国の艦船とベトナム艦船のにらみ合いはレポートしたが、中国の艦船はその後も、ベトナム、マレーシア、フィリピンのEEZを出たり、入ったりして示威行動を続けている。

フィリピンは今月2回目の外交ルートでの抗議を行い、アメリカ国務省も金曜日、「中国はベトナム領海で強迫行動を取っている」と痛烈に非難した。
同じ日、オーストラリアのモリソン首相は「戦略的パートナーシップ」を結んだベトナムを初めて訪問した。

9月2日からは、 ASEANと米海軍による初めての合同軍事演習が南シナ海の近くで行われる。
一方、アメリカの艦船は台湾海峡を再び通過してみせた。

中国とアセアンの合同海事演習の様子(south china morning post)

また、トランプ政権は F-16、66機を含む80億ドルの武器輸出を正式に台湾に認めた。もちろん、中国は大反発している。

これらの事実から何が読み取れるか?

「エルドアンのトルコ」で筆者が指摘したように、米中の争いは単なる貿易戦争ではない。
アメリカの今世紀の「覇権」をかけた戦争であり、中国が「将来にわたってアメリカの覇権を脅かさない」と思えるまでアメリカは、手を緩めない。

これまで数年にわたり、アメリカが法整備など着々と準備してきた事実を見るならば、この予想は覆らないだろう。(「国家防衛戦略」「国防権限法」「アジア再保証推進法」など。詳しくは「エルドアンのトルコ」参照)

日本企業も、貿易戦争はそのうち収束するという「希望的観測」にしがみつくこと無く、素早い対応で傷を浅くすることを考えるべき時なのではないか。

 

【Crash of the US and China-- not only trade war 】

Serious developments took place while I have been sick in bed.

China announced new retaliatory tariffs between 5 and 10 % on some $75billion worth of imports, such as crude oil from the US.
It will be implemented in two batches, on Sep 1 and Dec. 15th.
The timing was apparently calculated to make a fuss in the US stock market.

Trump took to Twitter to express his anger saying “ Hereby order, the US firms in China to begin looking for alternatives, sending U.S. markets into a tailspin.” And he even wrote, “We don’t need China and, frankly, would be far better off without it” in response.
There is no binding force for president’s tweets, but some companies would feel pressed by them.

対中関税の引き上げを表明したトランプ米大統領の投稿(ツイッターの画面)

The furious Washington also announced tariff increases after U.S. markets closed.
According to the US Trade Representative, the 25% duties currently on 250 billion in Chinese imports will increase to 30% on Oct.1
The new 10 % tariffs on another $300 billion will jump up to 15% when implemented in two batches, one on Sep. 1 and the other on Dec.15th.

These spats made the prices of stockes nosedive as much as $600 and pushed dealers for dollar selling and yen buying. Chinese yuan dropped sharply in off shore markets.
There are not many things left for China to place punitive tariff.

On the other hand, Trump kept the date of implementation of the punitive tariffs on commodities on Dec. 15, to give retailers time to stock up ahead of the Christmas shopping season.

Now let’s see other side of this competition.

中国が米国製品に対する追加報復関税を発表したことを受け、トランプ米大統領は、対中関税の新たな引き上げを発表した。写真はワシントンで8月20日撮影(2019年 ロイター/Kevin Lamarque)

As I reported before, it has been a stand-off between Chinese ships and Vietnamese ships in the south China Sea for more than a month.
The Chinese ships are sailing in and coming out of the EEZ of Vietnam, Malaysia and the Philippines to threaten small ships of those littoral states.

The Philippines’ government has filed protest to Beijing twice through diplomatic rout in August.

The US State Department issued a sharp denunciation of Chinese “intimidation” in Vietnamese EEZ last Friday.
On the same day, Australian prime minister Scott Morrison visited Hanoi first time after both countries formalized their “strategic partnership” early this year.

On top of those, the joint drill of the US and ASEAN will take place in the water near the South China Sea for the first time on the 2nd and 3rd in September.

Another US warship sailed through the Taiwan Strait again.
Trump administration formally approved $8 billion arms sale to Tiwan including 66 new F-16D/D.
Beijing of course is offended.

中国とアセアンの合同海事演習の様子(south china morning post)

What should we conclude from these facts?

As I analyzed in my book, “Erdogan’s Turkey”, this is not a mere Trade War between the US and China.
Since it is the War for the Hegemony in this century, the US will not stop fighting until when it feels not threatened by China.

You will see why I can say so, if you check how the US has prepared to wage this war by implementing some laws starting as early as 2017. (If you want learn about these details, please read “Erdogan’s Turkey”)

It would be better if the Japanese enterprises start to think how to get less damage from this situation giving up any wishful thinking that the trade war would be finished in short time.

The photos are from Reuters.
ASEAN executed the joint drill with China last year.(South China Post)

-NEWS, 世界の今と日本