松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

教養・マナー

【南シナ海は固有の領土?!「海の話」】English follows.

2019/08/14

「南シナ海は中国固有の領土で、島でのインフラ建設は国の主権だ」という中国の国防白書。 緊張が高まる中、「海」について基本的なことを考えてみる。
ヨーロッパの大航海時代から、17〜18世紀にかけ「海へのアクセスは自由であるべきか、制限されるべきか」との問題はよく議論されてきた。ジョン・セルデン(英)が「海は『青い領土』であり、国によって支配されるべき」としたのに対し、オランダのフーゴー・グロティウスは「海は貿易のためにすべての国に開かれた国際的な領域でなくてはならない」と主張した。
グロティウスの考え方が主流となり、当時は大砲の届く3海里を領海として、それ以遠は「公海」という規則が確立。

クラウディオス・プトレマイオスの世界像に基づく世界地図。大航海時代に多く使われた。

1982年に「国連海洋法条約」が可決され「領海は沿岸から12海里までで、国の支配は上空・海底・海底の下にまで及ぶ」、「沿岸200海里まではEEZ(排他的経済水域)であり、この域内の天然資源は魚などの海中資源も、石油や天然ガスなど海底の資源もすべて、その国に帰属する」と定められた。

南シナ海は、世界の輸送の大事なルートであり、世界の約3分の1の輸送船が通過する。
同時に、世界有数の豊かな漁場でもある。
さらに、海底にはペルシャ湾に匹敵するほどの石油や天然ガスが眠るとも言われる。

問題は、「島なら小さくとも200海里のEEZが認められること」を盾に、中国が西沙諸島や南沙諸島を周辺国から実力行使で奪い取り、あるいは岩とも言えないものの周りを埋め立て人工島に仕立て上げ、この海洋条約で定められた権利を行使しようとしていることにある。

中国がミサイルを配備した西沙諸島の永興島(Getty Imagesより)

何世代にもわたり自国民が魚を捕る生活の場であった海域から、数を頼んだ他国の漁船団によって追い出され、あるいは岩を埋め立て、違法に建設された軍事施設からの威嚇を受け続けるというのでは、周辺海域の緊張が高まって当然だ。

アジアは数十年もの間成長を続けてきたが、その根本は、この地域が、比較的平和で安全だったからだ。
その前提が崩れるのであれば、「今後世界の成長の中心地はアジアである」という予測も崩れる可能性があることは、論を待たない。

【A Story of Sea 】

I want to look back about the history of “Sea”, while the tension in the South China Sea and around Taiwan after China issued the White Paper insisting the South China Sea is China’s indigenous territory and it is legal to conduct the sovereignty to construct infrastructures on the island, is rising.

The question whether a sea should be open or closed have been discussed since 17~18 century.
Some said “Sea is a blue territory and should be ruled by a ruler”. Others thought that sea should be an open space for every country takes advantage of trade by water.
The later became the main thought and “High Sea” has become the basic rule.

クラウディオス・プトレマイオスの世界像に基づく世界地図。大航海時代に多く使われた。

The UN concluded “Law of the Sea Treaty” in 1982 and decided territorial sea is as far as 12 nautical miles. The nation state can rule the air space, in the water and the under-water in the territorial sea.
It also decided EEZ is as far as 200 nautical miles from the coast and all the resources in and under the EEZ belong to the nation state.

The South China Sea is one of the most important sea lanes in the world. About a third ships sail through the area for trade.
It is one of the most resourceful waters with various fish. On the last, but not least, many scientists assume as much oil and natural gas are under the area as comparable to the Persian Gulf.

The tension now is caused by China, which robed some small islands by force to take advantage of this treaty. It is asserting it has the rights to pursue the resources in the area and control the passing by ships and aircrafts of other countries in “the indigenous territory”.

中国がミサイルを配備した西沙諸島の永興島(Getty Imagesより)

Imagine how you would feel, if you are kicked out by too many fishing boats from the water, where your people had lived by fishing over generations. What about being threatened by the military facilities, those were constructed illegally?
The tension in the area must rise.

Many have expected Asia will be the center of economic growth in the world for a while and it has been so.
It, however, was possible because Asia has been one of the most peaceful and stable parts of the world.
If this premise changes, the consequences would change. Each country should know better.

-教養・マナー