松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS 世界の今と日本

【逃亡犯条例で揺れ続ける香港】English follows after Japanese

2019/08/02

香港から中国本土へ、容疑者引渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正をめぐり、香港市民の4人に一人、「200万人」が集まったと言われる6月16日の抗議デモからひと月以上。デモはほぼ毎週末、続いている。

7月27日にも28万8千人(主催者発表)の反対派の市民と警官隊が衝突した。催涙弾やゴム弾による強制排除で、市民24人が負傷。うち二人が重傷で多数が拘束された。警察は約三千人の警官を動員し厳戒態勢を敷いていた。

AFPより

最初は条例の廃案を求めていたデモは、強硬な政府への怒りと、「普通選挙」を求める民主化運動に発展した。
背景には、このままでは「一国二制度」で保障された「言論の自由」や「法の支配」が失われるとの香港市民の危機感がある。
また、21日夜、デモ帰りの若者らを中心に、棍棒を持った白シャツの集団が無差別に襲いかかり45人が負傷したが警察の対応は遅れ、市民の間に不信感が強まった。

6月9日に始まったデモは、約100万人が参加し、政府な強硬な姿勢に怒ったいわゆる「200万人デモ」(16日)に発展した。
この抗議は、G20直前でもあり、 習近平氏が他国の批判に晒されるのを避け、早急な収拾が図られ、行政長官が謝罪し、逃亡犯条例の審議は延期された。

香港でのデモに対し警察は連日で催涙弾を使い排除した(28日)=ロイター

この1月半の間にデモの中身は、当局と若者の知恵比べの様相も呈している。
参加できなくともヘルメットやマスクを購入し参加者に供給する市民もいる。
参加者は、地下鉄も身元の割れるカードでなく現金で切符を買う。スマホの位置情報はオフにし、デモに関するメッセージはすぐに消去する。
呼びかけには、通信が暗号化されており、比較的安全とされる「テレグラム」が使われたが、7月12日、運営会社は「何者かが大量のデータを送りつけて機能を奪う『国家級』のサイバー攻撃を受けて」と明らかにした。その発信元の大半は中国だったという。

デモ参加者のFBより

香港で北京政府が苦慮している理由はいくつかある。

1、 海外メディアの目

中国国内では、年間20〜30万件もの抗議行動が起こっているといわれるが、その様子は海外になかなか伝わらない。しかし、香港には、海外メディアの目がある。だから、北京政府はそう簡単に激しい弾圧を行えない。

2、金融センターとしての機能

また、香港が持つ金融センターとしての機能を代替できる場所がほかにないことだ。政府は上海や深圳の市場を育ててきたが、上海ですら、香港市場の規模にはとても及ばない。
現在アメリカとの貿易戦争で海外投資家の中国株売りが進み、4〜5月には市場最大の資金流出(約1兆3000億円 モルガン・スタンレー)に見舞われた。スタートアップ企業にとっては『資金調達の冬』と言われる。

香港株式市場の株価指数を示すボード=香港(AP=共同)

問題解決のため急いだ立ち上げたハイテク部門への投資を主とする「科創板」は7月22日、幸先の良いスタートを切ったが、上場企業数は上海総合指数の5分の1。
ご祝儀相場が終わった時に大きく下げる懸念もぬぐえない。何しろ PER(株価収益率)は平均で50倍を超え、158倍のものもある。

低迷する経済を持ち直すには、現金が必要だ。しかし、輸出よる黒字は減少しつつあり、 IMF22年には、中国が経常赤字に転落すると予測する。そんな時に西側世界とつながる窓口である香港を潰すようなことはしたくない。

デモの様子(David Wilkinson/flickr:編集部)

3、台湾問題への影響

香港で一国二制度が機能せず、北京の侵食が止められないと分かれば、当然台湾の対応も変わってくる。
台湾では、習近平の提案する「一国二制度、一つの中国」への反感が一段と高まりつつある。

しかし、習近平政権の香港への締め付けは年々厳しくなり、「香港は中国に飲み込まれるのでは」という不安が広がる。
「逃亡犯条例」改正案も、撤回されたわけではなく、いつでも審議の再会ができる。

習近平氏に寄り添う林鄭月娥・香港行政長官 AP/AFLO

海外からの監視の目がなくなれば、中国政府がどういう対応を取るかは予測できない。
デモへの参加は事実上「命がけ」だ。

アンケートでは香港市民の4割が「将来、海外に移住することを検討している」とした。
返還時、「2049年まで、香港では高度な自治を保証」するとしたミニ憲法は、骨を抜かれつつある。
住民の半数が海外に去り、海外の企業が撤退した香港が、これまでのように中国と西側世界を繋ぐ金融センターであり続けられるかは大きな疑問だ。

【 Protests in Hong Kong 】

Since the 2million citizens took the street to demand the withdrawal of the bill, which facilitate extraditions to mainland China in Hong Kong, it has been more than 1 month.
The demonstrations are continuing every weekend even now.

On the 27th of July more than 280000 people took streets and 24 of them were hurt by tear gas and rubber bullets by about 3000 police officers.

AFPより

In the beginning, people wanted the withdrawal of the bill, but because of the violent crackdown by the police, they metamorphosed to the movement for the general election and the rule of law.
There is fear of the citizens that the freedom of speech and rule of law, those which are guaranteed by so-called Mini-Constitution agreed when Hong Kong was handed over from the UK. The autonomy is in danger.

The passive attitude of the police to the event, in which men in white shirts with clubs assaulted citizens coming back from the protest and 45 citizens got hurt on the 21st, planted insincerity to the people against the Hong Kong Government.

The number of participants for the demonstration on June 9th were said more than 1 million.
Because the so-called 2million demonstration took place right before the G-20, Beijing wanted quick control. Ms. Lam apologized and decided to postpone the bill. But it was not enough for the demonstrators.

香港でのデモに対し警察は連日で催涙弾を使い排除した(28日)=ロイター

The demonstration has become as if it is the contest of the people and the government.
There are division of labor and some people only acquire the helmets and goggles fro the participants of the demonstartion.
Citizens do not use the IC cards and buy tickets of subway by cash.
The messages about the demonstration will be deleted as soon as possible.
They used Telegram, which is considered rather safer to communicate, however, the Telegram told that there was DDos cyber attacks as large as only a nation could plan took place on the 12th of July. Most of the senders were in mainland China.

デモ参加者のFBより

There are some reasons Beijing is hesitating to take heavy handed measures.

1, There are foreign eyes in Hong Kong. Though they say there are 200~300 thousand riots taking place in a year in mainland China, a few news come out of the country.

2, Hong Kong is still the major finance center, which connects Chinese econmy to the international business world.
Although Beijing has tried to grow Shanghai market to substitute the function, it is not large enough yet.
Because of the trade war between China and the US, the foreign investment decreased dramatically in April and May in 2019. Beijing cannot take the risk for triggering another capital flight.

香港株式市場の株価指数を示すボード=香港(AP=共同)

Beijing does not want to lose Hong Kong as a gateway foreign investment which is crucial for struggling Chinese economy.
Beijing is trying to keep low profile fearing to scare investors away.

デモの様子(David Wilkinson/flickr:編集部)

3, The impact to the Taiwan issue is growing.
Hong Kong was said the showcase of the “One Country, Two Systems”. If it becomes abvious that the autonomy in Hong Kong cannot be sustainable, that will influence the people’s feelings in Taiwan. It has already stared.

Nonetheless, there are some uncertainty left. People has the fear, “Hong Kong could be caught up by Beijing before 2049”.
The extradition bill has not completely withdrawn, and the government-backed by Beijing can restart debating any time.

習近平氏に寄り添う林鄭月娥・香港行政長官 AP/AFLO

If Hong Kong loses the attention of the international society, the government might crush the protest by all means. The citizens lives are at stake in such situation.

According to some survey, 40 % of the citizens are considering to emigrate to some country.

The so-called Mini-constitution is eroding and the international reputation of the city is now being threatened.
I strongly doubt Hong Kong could keep its crucial role to be the gateway to the international business society, when almost half business-minded citizens migrated and most foreign companies abandon the city without the rule of law.

-NEWS, 世界の今と日本