松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS 世界の今と日本

【ロシアの軍機、中国軍機が 日韓の領空侵犯】English follows after Japanese

2019/08/02

日本のテレビ報道は本質を全く伝えていない。
日韓関係が最悪の状態にあるさなか、見透かしたようにロシアと中国の爆撃機2機づつが日本と韓国の領空に侵入した。4機は途中で合流し、侵入と離脱を繰り返した。
韓国軍は18機がスクランブル発進。日本の航空自衛隊は10機程度が緊急発進し「防空識別圏から離脱するよう対処」した。

7月23日、韓国軍は23日、同国領空に侵入したロシアの軍用機に警告射撃を行った。写真は2017年4月に撮影された韓国軍機。提供写真(2019年 ロイター/U.S. Marine Corps)

韓国軍は竹島上空に飛来したA50空中警戒管制機に対し約360発の警告射撃を実施。日本はロシアの「領空侵犯」と日本の領空内で警告射撃を行った韓国にも抗議した。

実は、ロシアと中国は去年から共同歩調を取る機会が増えている。2018年の合同演習「ボストーク2018」はロシア、中国軍が参加し、冷戦終結後最大の演習となった。

ロシアの爆撃機は今年6月にも日本の八丈島と南大東島付近で日本の領空を侵犯。自衛隊がスクランブル発進し、約2分間で領空から離脱させた。
しかし、今回、ロシア政府は「中国との共同巡回飛行は11時間、約9000キロに及んだ」と発表。

隙を作れば、確実に「真空」をついて、自国の足場を広げようとする隣国の存在を日本はしっかり意識するべきだろう。

「ボストーク2018」の様子。ロシア国防省より

韓国はアメリカとの同盟関係が揺れている。
今年3月、アメリカは韓国との大規模な合同演習を打ち切り、小規模なものに変更。
一定期間で入れ替わる米兵と韓国軍の連携する力が落ち、「在韓米軍の即応力は低下した」と陸軍大将が米議会で報告していた。
今回の件で韓国は、米軍をそのような状況に追い込んだことを後悔していることだろう。
フィリピン政府がスービック米軍基地を廃した直後、中国はフィリピンの領海への介入を強めた。

今回の事件は、まさに「第2の冷戦」がとっくに始まっていること。そして、これまでの国際秩序に様々な国が挑戦する「ニュー・ノーマル(新常態)」の時代に世界が入りつつあることを象徴しているかのようだ。

ロシア軍のA50空中警戒管制機=5月7日、モスクワ(AP)

【 Russia and China orchestrated to violate airspace of Japan and Korea】

2 Russian bombers and 2 Chinese bombers violated the airspace of Japan and Korea.
The violations were orchestrated and repeated.

18 Korean F-15 and F-16 jets fired around 360 warning shots to the Russian A-50 aircraft.
The Japanese government accused Russia, who violated the territorial air of Japan, and also criticized Korea for their action of warning shots in the Japanese territorial air.

2019年 ロイター/U.S. Marine

Russia and China collaboration have become particularly intensive since early 2018. “Vostok 2018”, the joint exercise of them last year was the largest since the Cold War ended.

In June, Russian bomber flew into the Japanese territorial air near Hachijyou-jima in Tokyo prefecture and Minamidaitou-jima in Okinawa prefecture.
Japanese Self Defense force scrambled and made it to fly out after 2 minutes.

Russian government reported that “The joint operation with China this time continued 11 hours and 9000 km.”

Be aware, Japan is surrounded by two aggressive countries, those which are willing to expand their territory and influence whenever they find chance.

South Korea has damaged the alliance with the US and Trump decided to cancel large-scale joint exercise in March and the Army general reported to the congress that the capability of the US in the Korean peninsula for contingency response decreased.

「ボストーク2018」の様子。ロシア国防省より

I assume that the Korean government must regret to have pushed the US to that direction.
We all know that right after the Philippines kicked out US Naval Base Subic Bay in 1998, China became so aggressive to occupy the islands in the South China Sea.

The events show us these facts, “The Second Cold War has begun” and “The New Normal Era”, in which some aggressive countries are challenging the Post Cold War World Order has started very clearly.

ロシア軍のA50空中警戒管制機=5月7日、モスクワ(AP)

-NEWS, 世界の今と日本