松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS 世界の今と日本

【ペルシャ湾などで民間船舶を護衛する有志連合】 English follows after Japanese

2019/08/02

ペルシャ湾で緊張が高まる中、ホルムズ海峡や紅海を航行する船舶を護衛するため同盟国などと「有志連合」の結成をアメリカが呼びかけており、日本政府にも協力が打診された。

今後はどのような形で、日本が同盟国とともに民間船舶を護衛できるか方法が論議されることになるだろう。

2019 年6月13日の現地時間早朝に中東のホルムズ海峡付近で日本とノルウェーの海運会社が運航するタンカーが襲撃を受けた © Reuters

 

先月、ホルムズ海峡付近で日本向けの荷を積んだタンカーが何者かの攻撃を受けて一時漂流したばかりだ。日本は経済の血液と言われる原油の88%を中東に依存し、そのほとんどがホルムズ海峡を通過しなくてはならない。

これまで海運会社は「危険海域を全速力で通過する」「見張りを増やす」などの対策をとってきたが、これで「安全が確保された」と感じる人間は少ないだろう。

 

であれば、「有志連合」に加わり、民間船舶の護衛をするべきだと思う。
イギリスのタンカーがイランから拿捕されかけ、護衛していたイギリス海軍の戦艦によって危うく難を逃れたばかりだ。

先月のタンカー攻撃は、まだ誰が、どういう目的で行ったかはわからない。
しかし、この海域で「危険」が増していることだけは確かだ。

・イラン沖で攻撃を受けた日本の海運会社が運航するタンカーと、米海軍兵=6月19日、アラブ首長国連邦(UAE)フジャイラ沖(AP)

 

私はイランもアメリカも、本音では「戦争」したくないと考えていると思う。

イランにその経済的余裕は無いし、アメリカもできれば「中国」に専念したいはず。中東への関与は小さくしていきたい意図が随所に見られる。

但し、イランの政府のコントロールが効かない一部の勢力が「嫌がらせ」や「挑発」を行うリスクはある。

であれば、無用な「戦争」を避けるためにも、エスコートをつけ、偶発事件がさらなるエスカレーションに結びつかないようにする必要がある。
できるならば、高まった緊張を和らげ、アメリカ、イラン、双方が振り上げてしまった拳を面目を保ちながらゆっくり下ろす方向に持っていきたい。
そのためにもまず、「偶発事件」の発生を防がなければ。

しかし、ペルシャ湾は遠い。日本独自に年間1700隻というホルムズ海峡を通過する日本の船舶を護衛することには無理がある。

しかも、日本の海自派遣には様々な制約がある。
しかし、野上浩太郎官房副長官が「ホルムズ海峡の航行の安全確保は日本のエネルギー安全保障上、死活的に重要」と表現する現状がある限り、「日本人が乗っている船のみを護衛し、他国の船は(近くにいても)護衛しない」、あるいは多国籍軍の「後方支援だけする」という選択肢が、独立した一つの国として妥当なのか、大いに疑問だ。

会見に臨む野上浩太郎官房副長官(産経新聞)

 

民間船舶を護衛するために派遣されたものの、「攻撃を受けた他の国のタンカーが襲われても見ているだけで何もできない」、「日本への荷を積んだ船が襲われても、自分では応戦できず、後方支援のみ行う」という過酷な縛りをかけていては、現場の司令官、そこにいる自衛官全ての心に大きなフラストレーションと罪悪感を押し付けることになるのではないだろうか?

しっかりした法的根拠を持って、現場で自衛し、友好国を協力して安全な航行を保証する任務についてもらうのでなければ、派遣される自衛官にまたしても心理的犠牲を強いることになるのではないかと危惧している。

そのためにも政府が早急に対策を取ることを望む。

【 Coalition to escort commercial vessels in Persian Gulf and the Red Sea 】

The US is trying to form a coalition to escort the waters Persian Gulf and Red Sea including the Strait of Hormuz, while the tension has become high. The Japanese government was consulted about it too.
Japan has to discuss what we can do to guard civilian ships in those waters with Like-minded countries.

2019 年6月13日の現地時間早朝に中東のホルムズ海峡付近で日本とノルウェーの海運会社が運航するタンカーが襲撃を受けた © Reuters

It is still vivid in our memory that the tanker heading to Japan was sabotaged by some group and damaged near the Strait of Hormuz last month. Japan deeply depend on the crude oil from the Middle East. It is said that as many as 88 % of oil we are importing must come through the Strait, the choking point of the Persian Gulf.

Now the commercial vessels are trying to avoid the assault by sailing as fast as possible and adding some watchers in the ship. I assume they are not feeling safe with those measures.

I think it is reasonable for Japan to join the coalition and escort civilian vessels.
The tanker of the UK has just been almost caught by Iran, although the British navy intervened and saved the tanker.

It is not clear who sabotaged the tankers in June yet.
However, the situation in the area has become even more tense.
We must stop some unwanted accidents would escalate the situation, because nobody, including the US and Iran really want the war.

・イラン沖で攻撃を受けた日本の海運会社が運航するタンカーと、米海軍兵=6月19日、アラブ首長国連邦(UAE)フジャイラ沖(AP)

I do not think neither  Iran nor the US wants War.

Iran cannot afford to wage the war against the US. The US wants to concentrate the issue in the western Pacific.

We should search how two players, the US and Iran can slowly down the clenched hands once raised.
In order to do so, we must make sure no accident will take place.

The Persian Gulf is very far and as many as 1700 Japanese commercial vessels navigate the Strait in a year.
It would be almost impossible for Japan to escort all of 1700 Japanese commercial ships by itself.

However, there are so many restrictions for dispatching vessels of the Self Defense Force.
Kotaro Nogami, Vice Chief Cabinet Secretary, said “ It is vitally important for Japan to secure the safe navigation through the Strait of Hormuz for the energy security.”
Some might say that Japan should do only logistic support, can it be enough?
Is it acceptable if the Self Defense Force to protect only Japanese ships, and just keep watching the ships of Like-minded countries assaulted without taking any action, in the international community?

会見に臨む野上浩太郎官房副長官(産経新聞)

It would force the commanders and officers dispatched in the situation to feel frustration and guilty conscious, if they need to ignore when ships of other Like-minded countries assaulted, or if they cannot do anything but logistic support when Japanese ships are in danger.

I am afraid that we would force mental sacrifices to the members of the Self Defense Force, if we send them to the Persian Gulf to protect commercial vessels without legal assurance to protect the ships and themselves and to guarantee the safe navigation there with the cooperation with other Like-minded countries.
It is not much time left for the government to take necessary actions to avoid such situation now.

-NEWS, 世界の今と日本