松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS 世界の今と日本

【66年凍っていた壁を軽々と踏み越えたトランプ】

2019/08/02

北朝鮮は会談から3日後の7月3日、「非核化」という言葉と核兵器が廃棄されているらしい様子のレリーフを盛り込んだ記念硬貨を発行した。この会談にどれほど北朝鮮が、「感動」したか推測されるだろう!

6月30日午後3時46分。北朝鮮と韓国を隔てる軍事境界線「板門店」でドラマは起こった。
「私にこの境界を超えてほしか?」と尋ねたトランプ大統領に金正恩はもちろん、と右手を差し出した。境界のブロックを踏み越えたトランプはそのまま20歩近くも北朝鮮側を進んだ。

こうしてトランプは、北朝鮮に足を踏み入れた初めてのアメリカの現職大統領となった。

1953年の朝鮮戦争休戦以来、66年間凍りついていた壁が、型破りの大統領によって、いとも軽々と超えられた瞬間だった。

トランプ米大統領は現職大統領として初めて、板門店の軍事境界線を越えて北朝鮮側に入った(xinhua News Agency)

 

緊張と嬉しさを隠せない正恩。一人で悠然と軍事境界線に足を運び、北朝鮮の土を踏み、帰りは正恩を促して韓国領に戻り、写真を撮るのにちょうど良いところで立ち止まり、カメラに向かうよう正恩を促すトランプにぎこちなさは全くなかった。

全ては悠々と行われ、「世界一の大国アメリカが全てを仕切るのだ」、と北朝鮮、韓国、中国、ロシアに知らしめた劇的な数十秒間でもあった。

トランプは29日朝7時過ぎ、G20の訪日中「もしキム委員長がこれを見ていたら、板門店の非武装地帯に行くから、会って握手したい」とツイートしていた。「2分でいいんだ」。

「昨日、ちょっと思いついて、近くに行くから、Say Hello(やあ!!)って挨拶したいと書いたんだ」。しれっとインタビューでそういったトランプは、どこまでも人を食った大統領だ。

正恩は「こんなところで会えるなんて思っていなかったから、びっくりした!」と語っている。幾分かは本音だろう。

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に、南北の軍事境界線がある非武装地帯での面会を呼び掛けたトランプ米大統領のツイッター=29日

 

普通なら、トップ会談は事前に実務を担う担当官が話し合い、ある程度、行方が見通せてからしか開かれない。今回、ポンペイオ国務長官は、顔を紅潮させて感動した様子だったので、国務省が、大統領が握手ばかりか、北朝鮮に入って20歩も進むことを事前に知らなかった可能性もある。

しかし、ここに至る前段が全くなかったわけではない。

仰々しく宣伝したもののトランプが席を立って、大失敗に終わったハノイでの第二会談から約1年。どうやら先に動いたのは正恩だ。特別なルートでトランプに親書を送った。
トランプは、「キム委員長から、とてもビューティフルな手紙をもらった!」と、テレビのインタビューで語った。

6月24日、北朝鮮政府は、トランプからの親書を受け取ったと報じている。どうやら政府高官が北朝鮮を訪れて渡したようだ。

しかし、これだけのやり取りで全ての細部が詰まっていたとも思われにくい。

最後はトランプが自身で賭けに出たのだろう。正恩向けにツイッターを書き、文在寅に「私のツイッター見ましたか?」と親指を上げて見せたのが29日のG20会場だ。

6月30日、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、南北軍事境界線の非武装地帯で面会した。両首脳は境界線で握手した後、トランプ大統領が軍事国境線を越えて北側に入り、その後、金委員長が境界線を越えて南側に入った。写真は板門店で同日撮影(2019年 ロイター/Kevin Lamarque)

 

しかし、韓国側の「自由の家」から、境界に向かうトランプには自信が溢れていた。北からなんらかの返事が来ていたのだろう。
この「再開」で重要なのは、正恩が、トランプが近づくときっちりと間に合うように境界線にまで出てきて出迎えた点だ。

ハノイでの会談後、ロシアのプーチンはウラジオストックに正恩を招いた。北朝鮮の後ろ盾として、手を上げておかなければ、事態が動いた際、ロシアが噛めなくなってしまう。

豪壮な宮殿に迎えられた正恩は、「剣は強さの化身だ。あなたを守る北朝鮮の魂です」と言いつつ、土産の剣をプーチンに手渡す。

ところが、礼を言う前に、プーチンは側近にコインを求め、それを正恩に渡した。

プーチンは、「刃物をプレゼントされるのは、ロシアでは縁起が悪い」
「これでプレゼントではなく、私が剣を買ったことになるから大丈夫だ」

流石に正恩の表情は、凍りついた。

写真: KCNA via REUTERS

@sputnik/Alexy Nikolsky

しかし、面白いのは、通常、優位を示すためか、時間に遅れてくるプーチンが30分遅れで会場に着いたとき、正恩はいなかった。なんと正恩はゆっくりとホテルを出て、プーチンをさらに30分待たせて登場したのだ。

習近平も、中国抜きで米朝関係が進むのを許すわけには行かず、あれほど嫌っていた正恩と何回も会談してきた。「北朝鮮の後ろ盾は中国である」と証明するため、6月20日には二日に渡って北朝鮮を訪問までした。中国の国家主席が北を訪れるのは14年ぶり。

習は北朝鮮との関係を米中貿易戦争に利用しようとしたと考えられる。トランプと会談する1週間前のタイミングで慌ただしく訪問したのだから。習にとっては、屈辱だったのかもしれない。週の北朝鮮での露出は異常なほど少なかった。

習近平と金正恩(新華社通信)

その二人の努力を数十秒でゼロにしてしまったのが、トランプの電撃訪問だった。

その後トランプー正恩会談も50分ほど行われたが、中身は多分濃くはないだろう。
重要なのは、アメリカは何一つ譲歩することなく、どの国に仲介を頼むこともなく、直接の非核化に向けた交渉の再開を決められたことだ。 詳細は後で専門家があって詰めれば良い。

正恩の立場は実は苦しい。

37年来のひどい旱魃で食料が足りない。経済制裁は続き、外貨も手に入りにくくなり、「先軍政治」への国民の不満も高まっていた。

何が何でも本格的な経済的支援か、制裁緩和が欲しい。

トランプは正恩のメンツもたて、米朝間にホットラインが存在することを見せつけた。
正恩も、喉から手が出るほど欲しい制裁解除に向け、直接アメリカと話ができるなら、今後中国やロシアの顔を立てる必要はない。

1982年以降最悪とされる干ばつに見舞われている北朝鮮(WFP)

しかも、トランプは「結論は急がないが、核放棄に向けた包括的合意を目指すことに変わりはない」と言い含めることも忘れなかった。

正恩が密かな核開発を続けることはほぼ確実で「完全で検証可能な非核化」がそう簡単に実現するとは思えないが、少なくともトランプが大統領である間、「強烈な反発を招くような核実験」「アメリカに届く長距離弾道ミサイル実験」を行う可能性も格段に低くなった。

(足元を見られたオバマの在任中、北は4回の核実験を強行している)
(ストックホルムの国際平和研究の推計によると、2018年だけで北朝鮮は少なくとも10発の核弾頭を追加できている、と報告された)

つまりトランプはたった1時間で、中国とロシアの「北朝鮮の後ろ盾としてレバレッジ(梃子)を持とう」とした動きを打ち砕き、北朝鮮が「多少、聞き分けの良い国」となる可能性を増大させたのだ。

Reuters/ Kevin Lamarque

トランプは会談後、相変わらずの「素晴らしい会談で、グレイトな友情だった」と発言。
ワシントンの従来の政治エリートが軽蔑してやまないシンプルな表現だ。

しかし、わずか20歩の北朝鮮入りを含む1時間でアメリカが得たものは、
真面目な話「ワンダフルで、ビューティフル」なのだ。

どうして、ことさら難しい言葉を使う必要があるのだろう?

North Korea issued a commemorative coin with the phrase “ Denuclearization” and a picture seems like a destroyed nuclear weapon!!

【 Trump step over the frozen barrier which, divided the Korean Peninsula 】

The drama took place at 15:46 on the 30th of June at the heavily fortified Demilitarized Zone between South Korea and North Korea.
“ Do you want me to cross the border?” Trump asked Kim Jong-un. Kim invited Trump with the right hand. Trump did not only cross the border, but also paced 20 steps inside North Korea.

At this moment he became the first sitting president of the United States stepped into North Korea since 1953.
It was the dramatic moment that the frozen barrier dividing the Korean Peninsula

トランプ米大統領は現職大統領として初めて、板門店の軍事境界線を越えて北朝鮮側に入った(xinhua News Agency)

Jong-un could not hide his excitement and joy with bewilderment. On the other hand, Trump moved toward the barrier alone, shook hands with Kim, smiled at the young dictator, coming back and suggested Kim to stop for the cameramen at the best point to take photos just very naturally.

He was with self- confidence and showed that the president of the United States controls everything, not China, not Russia, not North Korea, or South Korea.
The message was very clear.

Trump tweeted right after 7 o’clock on the 9th in Japan, “I am traveling to Demilitarized Zone and if I can shake hands with Mr. Kim there, it would be very nice.”

He answered the interview, Yesterday I just thought it would be nice to say Hello to Mr. Kim as if the idea just came across his mind at that time suddenly.

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に、南北の軍事境界線がある非武装地帯での面会を呼び掛けたトランプ米大統領のツイッター=29日

However, there was some movement beforehand.
It was Kim, who made the first move. He sent a letter to Trump through the special rout. Trump talked in front of camera “ I got a beautiful letter from Mr. Kim!!”.

On the 4th of June North Korean side reported they got a letter from Trump. It is said a high- ranking officer visited North Korea and handed the letter for himself.
I, however, don’t think every detail was decided in those “beautiful” letters.
I assume Trump has decided for himself to cross the border right before it happened. It was a big bet.

6月30日、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、南北軍事境界線の非武装地帯で面会した。両首脳は境界線で握手した後、トランプ大統領が軍事国境線を越えて北側に入り、その後、金委員長が境界線を越えて南側に入った。写真は板門店で同日撮影(2019年 ロイター/Kevin Lamarque)

The most important thing of this meeting is that Kim harried and welcomed Trump at the moment Trump reached the border.

After Meeting in Hanoi, Putin invited Kim to Russia.
He wanted to show Russia has some influence on North Korea.
Jong-un Handed a sward as the gift saying that “this is the spirit of our people to support you!”
Putin got a coin from his man and handed to Jong-un saying “In Russia it is ominous to get a sword. I give you a money and now we can say I bought it from you!”.
Jong-un was frozen for a while.

写真: KCNA via REUTERS

@sputnik/Alexy Nikolsky

However, the most interesting is that Jong-un made this Russian dictator, who is notorious to be late and make other leaders to wait him, about 30 minutes being late to arrive at the palace.

Xi also met with Jong-un more than 5 times just to make sure that the resume the tie of US- North Korea won’t happen without China. He even made a two days-trip to North Korea. It was the first time in 14 years for the Chinese leader to visit NK.
He also wanted to use the status of China as the biggest backer of NK in the US-China trade battle. The visit took place a week before the G-20.

新華社通信

The sudden visit of Trump made all the effort of these two strong men Zero in a moment.
Trump and Jong-un had a 50minutes meeting in South Korea.
I assume there was not much decided in the meeting, but the special team will be set up and talk after 2~3 weeks.

Kim Jong-un is reported to be in a difficult situation. The drought worst in 37 years inflict pain in the country. The economic sanction made it difficult for the government to get foreign currency. Some people had started to show discontentment.
By all possible means, he wanted the lift of the sanction or big economic aids.

1982年以降最悪とされる干ばつに見舞われている北朝鮮(WFP)

The action by Trump saved the face of Jong-un and showed off the existence of the hotline between the US and NK.
Now Jong-un will take contact directly with the US without consulting China or Russia.

Trump did not forget to make it clear that what the US wants is a comprehensive agreement of denuclearization, although it is not in hurry.

Although it is not realistic to think NK will stop developing its nuclear capability, the probability it will execute some very provocative nuclear experiments, which NK did for 4 times in the tenure of president Obama, or the testing of long-range ballistic missiles as long as Trump is sitting as president.
(The International Peace Research Center has reported that NK added at least 10 nuclear weapons in 2018 alone.)

Reuters/ Kevin Lamarque

In short, Trump eliminated the leverages of China and Russia and the increased the possibility NK would be “ a little better” partner in the denuclearization-talk (even though it would not be too fruitful nor easy.) by one hour.

He said “ It was a great meeting and great friendship!”, and I believe that many of experienced politicians in Washington hate the too simple expressions.

But it was “ wonderful and beautiful” that what the US got in one hour with 20 steps in NK in the end.
Do we need more complicated expression?

 

-NEWS, 世界の今と日本