松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS 世界の今と日本

【中国、北朝鮮、この数日の報道で、彼我の差を思う】【What are told in the press today in China, and North Korea】English follows after Japanese

2019/06/10

中国の天安門事件から30年となった昨日、かの国で、いかに強制的にこの事件が「風化」させられているかを見て愕然とした。

民主化を求めて7週間も抗議を続けた学生たちが、共産党の軍である人民解放軍により虐殺された。死者は、数百人から2600人とされていたが、2017年に英国で公開された外交文書では、当時のイギリス大使が「殺害された人数は少なくとも1万人に上る」と報告していたことが判った。アラン・ドナルド大使は「装甲車が学生を何度も何度も轢き、ブルドーザーが遺体を『ミートパイ』のように集めていった」とレポートした。

それほどの事件を、道ゆく人々が皆一様に「知らない」というのは異常だ。

天安門事件当時の様子(REUTERS)

 

一方、北朝鮮では、アメリカとのハノイ会談の失敗の責任を問われ、金英哲統一戦線部長が強制労働キャンプに送られ、対米交渉関係者の数人が処刑された模様、という報道がここ数日、飛び交っていた。

今日、英哲氏がコンサートに同席している写真が公開され、この報道は打ち消された形だ。

しかし、この報道があちこちで飛び交い、悪影響に配慮した北朝鮮が、労働キャンプから「氏を復活」させた可能性もあるし、顔がはっきりと映っていない写真では「そっくりさんを座らせた」可能性すらある。

少なくとも、粛清の報道がなされた背景には、国際社会が、「北朝鮮では起こりうる」と判断している事実がある。

米朝首脳会談の翌日、金正恩委員長と並んで歩く金英哲氏(左)(3月1日、ハノイ)=AP

 

外交で、会談がうまくいかなければこれほどの粛清が行われるという状況は、北朝鮮の科学者の能力について、脱北者が「西側の国の科学者は金や名声のために努力しているかもしれないが、私たちは命をかけている。失敗はそのまま死に繋がるのだ」と話していたインタビューを思い出させた。

一連の報道は、日本に生まれた自分の幸運を痛感させるものだった。

天安門事件は、中国が鄧小平のもとで民主化に向かうかと思われていた時期に起こった。表現の自由や人権が守られる社会になるだろうと思ったからこそ、100万人を超える人々が、さらなる民主化を求めてデモに参加したのだ。

しかし、その希望は改革派と思われていた鄧小平、一人の指導者の決定により砕かれ、現在では、習近平政権でいかに情報統制が徹底的に行われているかを証明するような今回の報道になった。

習近平氏への支持が90%以上という数字だって、とても実態を表しているとは思えない。

2014年7月15日、米ピュー・リサーチ・センターが公表したリポートで、中国の習近平国家主席に対して、国内では90%以上が信頼を寄せている一方、米国ではその比率が28%、日本では6%だったことが明らかになった。北京で9日撮影(2014年 ロイター/Jim Bourg)

 

日本では、北朝鮮のように外交で、もともと無理な要求をアメリカに突きつけざるを得ない立場に置かれ、それが通らなかった責任を取って、外交官が強制労働キャンプに送られることも、まして処刑されることもない。

言論も自由だ。

 

然し、隣国はそういう、いたたまれないほど過酷な状況にあることを私たちはよく知っておくべきだ。そうでなければ、現在の状況に感謝することもなく、結果、それを守る術も持たない国民になってしまう。

世界の国の「自由度」を調査し続ける「フリーダムハウス」は、2019年、207の国と地域のうち「自由な」社会を維持しているのはわずか、87だったとリポートしている。

2005年以降「不自由な」国の数は26%も増加。「自由な」国は44%減少した。

私たちはこの数字の示す意味をきちんと考えてみるべきだろう。

【What are told in the press today in China, and North Korea】

It is the 30th anniversary of the Tiananmen Square Massacre in China today. I was startled by the interviews in Beijing. All the people those who were asked about the event answered, “I don’t know about it.”
The event was apparently faded away intentionally.

Students had been occupied the Square for 7 weeks before the government sent the People’s Revelation Army to suppress them.

In the newly released UK documents in 2017, the British ambassador to Beijing reported the toll could be more than 10,000, although many estimated the death toll was between several hundreds to 2600 before. Sir Alan Donald even reported “ Armored vehicles ran over the bodies again and again to mince them and bulldozers put them tight like making a meat pie.

This atrocity took place only 30 years ago. And nobody says he remember about it.
Is this normal?

There is a poll, which says more than 90 % of people support and trust Xi in China. This does not sound convincing either.

 

REUTERS

 

On the other hand, some media have reported the Kim Hyok Choi, the diplomat who was responsible for the US-North Summit in Hanoi was sent to the labor camp and other several staff were executed, because of the failure of the Summit.

However, the newly released photo today seems to deny some of the reports by showing the man, who seems to be Kim Hyok Choi was crapping hands in the art performance with Kim Jong Un.

Although, we cannot confirm the truth about this incident in North Korea, the facts that many media with reputation carried the possibility of the purge mean the international world think the probability is not zero.

The North Korean government could have brought Kim Hyok Choi back to the concert to show the world media to probe he is not in the camp, or could let someone resembles to him take the seat on the day to make a photo to release in order to lessen the damage the purge could do to the country.

米朝首脳会談の翌日、金正恩委員長と並んで歩く金英哲氏(左)(3月1日、ハノイ)=AP

 

This incident reminded me of the words of the defector from the North Korea, “Scientists in the West might do their best for the money or fame, but our scientists do their best because their lives are at stake. If you fail, you will die.”

All the news made me feel how I am lucky to be born in Japan.

Tiananmen Square Massacre happened when people believed the Chinese society is heading to democratic and free society. 1 million people gathered to make sure it would come.

But the decision by a person, Deng Xiaoping, who was thought to proceed democratization, crushed the hope of the people.
Now we witness how the information control in China is tightly done by Xi’s regime.

2014年7月15日、米ピュー・リサーチ・センターが公表したリポートで、中国の習近平国家主席に対して、国内では90%以上が信頼を寄せている一方、米国ではその比率が28%、日本では6%だったことが明らかになった。北京で9日撮影(2014年 ロイター/Jim Bourg)

In Japan no diplomat will be sent to the labor camp or executed because of the failure of the meeting to push unreasonable demand.
We can criticize anybody without the fear of being arrested against the law.

We, however, should know these neighbor countries are in such severe situation.
Otherwise, we cannot appreciate our condition.
Without appreciation, we would not have strong intention to protect it.

The Freedom House reported in 2019, the “FREE” countries are 87 out of 207.
The number of those “FREE” countries reduced by 44% since 2005, while the “NOT FREE” countries increased by 26%.
We should think twice what these facts mean.

-NEWS, 世界の今と日本