松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS 世界の今と日本

【トランプ訪日中にも尖閣に居続ける4隻の中国艦船、その意図は?】English follows after Japanese

2019/06/04

尖閣諸島沖合で、中国海警局の船4隻が航行中。日本のEEZ(接続水域)内を航行するのは45日連続で、平成24年に尖閣が国有化されて以降最長となった。
折しも日本にはトランプ大統領が訪問中。ゴルフ、相撲を楽しんでいただいて、明日は首脳会談と天皇陛下の晩餐会も予定される。

尖閣諸島周辺の接続水域を航行する中国海警局の船(海上保安庁提供)

 

米中貿易交渉はそれまでの交渉でまとめあげた150ページの書類を一方的に30%削って中国側が送りつけたことで、厳しい状況に陥っている。

中国は「強制的な技術移転の禁止」「知的財産権を守る」などの法制化を白紙撤回した。

アメリカの反応は素早く、5月10日に2000億ドル分の中国産品に25%の追加課税を断行。第4弾として「6月末にも、ほぼ全ての中国からの輸入品の関税を最大で25%に引き上げる」計画も発表した。

その直前にワシントンを訪れた劉鶴はすでに対策を取る意思はなく、おざなりの会談が行われただけだった。どうやら、中国は貿易戦争を正面から戦うことを決定したか、あるいは、強硬派の反対など、内部の事情で「法制化は無理」と判断したようだ。

【大相撲五月場所(夏場所)千秋楽】相撲を観戦するトランプ米大統領と安倍晋三首相ら=26日、両国国技館(ロイター)

 

2018年3月、抜き打ちの憲法改正で、国家主席の任期制限を撤廃することに成功した習近平は、終身「国家主席」にとどまる可能性もある。

一方、トランプが再選されたとしてもあと5年。。。

「5年など、中国の3000年の歴史からすれば一瞬に過ぎない、ほんの少し我慢すれば・・・」とでも習近平は判断したのだろうか?

そして、今回のトランプ訪日中の艦船4隻の尖閣近海への居座り。
大阪弁でいうと「ええ根性しとるやないかい!」とでもなるのかな?

さてさて、この威嚇ともとれる行動が、日米首脳会談に与える影響、じっくり拝見させていただくことにいたしましょう。

 

【4 Chinese ships staying around the Senkaku Islands while Trump visits Japan. What does it mean?】

4 ships of the Chinese Marital Guard have been cruising in EEZ around the Senkaku Islands for more than 45 days.
This is the longest stay since 2012, when the Japanese government bought the Islands from the Japanese citizen.

On the other hand, President Trump is visiting Japan to enjoy golf, Sumo and the dinner hosted the new Emperor as well as meeting with PM Abe now.

尖閣諸島周辺の接続水域を航行する中国海警局の船(海上保安庁提供)

 

The trade talks between the US and China is in trouble.
China sent unilaterally shortened papers, which excluded the part of legislations of refrain from forced transfer of technologies, steeling of intellectual property rights etc. As much as 30% of the agreement done before was omitted one-sidedly .

The reaction of the US was quick and it increased the tariff on the Chinese products worth 20million USD on the 10th. It also announced the plan to increase the tariff for almost all Chinese products even before the end of June.

The Chinese delegation visited Washington right after the announcement had a perfunctory meeting as if they had no desire to make the situation better.

The Chinese Government might have decided to fight the economic war against the US without any compromise or, it has judged legislation could not be done because of the internal situation of the government.

【大相撲五月場所(夏場所)千秋楽】相撲を観戦するトランプ米大統領と安倍晋三首相ら=26日、両国国技館(ロイター)

Xi Jinping succeeded to change the constitution to abolishd the limit of the terms of the President of the State in March of 2018.

He might be thinking it will be inly one instance to bear the 5 years at most while Trump can be sitting as the president of the United State….

Using Osaka-dialect, it could be said, " HOW you dare, foolishly bold!!"

Well, I am watching how this Chinese challenge, which could be taken as the threatening, to keep 4 ships near the Senkaku Islands during Trump’s visit, will influence the summit between Japan and the US very carefully. 😉

-NEWS, 世界の今と日本