松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS 世界の今と日本

【 香港で始まる『中国のネット銀行』の挑戦 】 【 Challenges of Chinese Online Banking in Hong-Kong】English follows after Japanese

2019/08/02

アメリカは22兆円分の中国からの輸入品の関税を25%に上げる措置に踏み切りました。中国も報復を宣言。貿易戦争はさらに熾烈になる見通しです。

しかし、今、私が最も懸念しているニュースは、これです。
表に見える貿易戦争の影で静かに続く動きの一つ。

「香港の金融管理局が5月9日、アリババ傘下のアント・フィナンシャルなどの4陣営にインターネット専業銀行にあたる仮想銀行の免許を交付した」

この度、香港で銀行業に参入するスマートフォン大手の小米(日本経済新聞)

 

①アリババ集団を核とするグループ、②携帯電話で世界第4位のシャオミ、③保険で世界最大手に伸びた「平安保険」、そして④「テンセント」は中国工商銀行と組み、香港市場で個人相手のバンキングに乗り出します。

——この4陣営は、6〜9ヶ月以内にも実際の業務を始めるとしています。

これは香港の金融界にとって、最も大きな衝撃となるかもしれない変化です。英国の HSBCやスタンダオドチャーター度銀行は戦々恐々です。

 

これが何を意味するか?

「アリペイ」というスマホを使ったアリババの決済サービスについてお聞きになったことのある方も多いでしょう。

アント・フィナンシャルはアリババ傘下の金融会社で、ブロック・チェーンを使って国際送金サービスなどを既に行っています。コンビニなどから、簡単に送金でき、手数料も安いため、香港に出稼ぎに来ているフィリピン人などの間で好評とNHKのニュース番組で紹介されたこともあります。

今や中国では、「アリババのサービスなしに生活するのは難しい」と言われるほど。
スーパーから生鮮食品がスマホからの注文で30分以内に配送されたり、様々なものの決済が顔認識を使って一瞬でできたり、確かに生活は便利になるのです。

香港は実験場です。

ここでうまくいけば、「アリババ」や、中国工商銀行という中国の国営銀行と組む「テンセント」が、世界での金融業界に進出することを目指しています。
将来はロンドンやニューヨークで、中国の「簡単決済」が、西側の銀行と競争し始めるかもしれないのです。

写真はアリペイのマーク。(写真:ロイター/アフロ)

 

便利で、安くなるから良いではないか、と思う方もいるでしょう。

しかし、ちょっと待ってください。
その便利さの、代償は自分の「個人情報」です。
購買履歴だけでなく、学歴、資産、通院履歴、顔認証で決済するための生体データ。
一度手渡してしまったデータは決して消えません。
アリババは、現在6億人と言われる中国人顧客の情報を持っています。

中国では、2017年に「国家情報法」が急いで通されました。
これはいかなる個人も、企業も、国家の情報収集に協力をしなければならないと義務付ける法律です。

つまり、中国人や中国企業は、どんなに善意の人であれ、企業であれ、「国が情報を欲したら渡さない選択肢はない」ということです。
従わなければ、犯罪者として罰され、禁固刑もあり得ます。

つまり、アリペイを使っている6億人の個人データを中国政府は自由に使うことができ、それが体制に反抗しようとする人々、あるいは自由を求める人々を素早く見つけ出し、監視することに役立っているという事です。

中国の顔認識システムの技術力は高く、ロシアですら関心を示しているほど。
コンサートに来た犯罪者が、何万人の観客の中から、一瞬の顔認識で発見され、逮捕された例もあります。


香港の金融街の様子(ロイターより)

 

今、アメリカが問題視しているのは、「貿易赤字」ではないのです。
外国企業に無理に技術の提供を迫り、サイバー攻撃や社員をいつかって知的財産を盗み、国が育成したい事業には不当な「補助金」を出す「国家資本主義」が公正で、公平な貿易システムを歪めている、という構造的な問題なのです。

国家が、経済を恣意的に仕切る制度の変革を求めているのです。もちろん日本政府も危機感を感じています。

今回、トランプ政権が、強硬策に転じた背景には、中国側がこれまでの交渉で話し合ってきた「構造改革を法律で担保する」という条項を一方的に抜いた文書を送りつけてきたからです。
法制化の伴わない口約束では、中国の言葉を信じることはできないと判断したからです。

確かに米中貿易戦争で、被害の出る日本の産業もあるでしょう。企業もあるでしょう。
しかし、現状を見れば、できるだけ早く、足場を立て直し、被害を受けないように他国にサプライ・チェーンを移すなどの努力を進めるしかありません。

中国経済が沈みつつ船である可能性はとても高いからです。

 

しかし、もし、そうならず、「中国的ビジネスモデル」や「国家の監視システム」が世界のスタンダードになるとしたら、私達は、数年の経済的損失どころではなく、人間的な自由、発言や報道の自由を奪われた「監視社会」で生きることになるかもしれないのです。そんな世界で生きることが幸せと言えるでしょうか?

 

どうか、どうか、一人でも多くの方が、近視眼的な考えではく、「広い視野」と「長期的スパン」を持って、間違った方向に行かないよう、日々の生活の中で選択していってほしいと、心からそう願うのです。

 

【 Challenge of Chinese Online Banking in Hong-Kong】

We are witnessing the trade war between the US and China is getting more severe.

However, the news I am most concerned now is that the Hong Kong Monetary Authority issued the four more Online-only Banking licenses to the Chinese groups on the 9th of May.

Those are the units of Aribaba, PingAn and smartphone maker Xiaomi, as well as JV involving Tencent and ICBC, one of the government owned banks.

この度、香港で銀行業に参入するスマートフォン大手の小米(日本経済新聞)

 

They say they would start business in 6 to 9 months.

The introduction of so-called virtual banking, Online- only banking has the potential to be the biggest shake- up in years in the city’s retail banking sector.

What exactly does this mean?

I assume you have heard about the Ali-pay, which is the easy payment system using smart phones.
Ant Financial is the banking company under the banner of Alibaba group. It has already started the service of international remittance between Hong Kong and the Philippines using the block chain.
It is popular for the Philippines, who work in Hong Kong, because it is convenient, easy and cheap. This service was introduced by NHK to the Japanese viewers before.

Many Chinese say it would be inconvenient to live without the services of Alibaba today.
They can get fish or fresh vegetable from the super-market near-by and finish payment in a moment using facial recognition system. It is true the life with such services would be more convenient.

Hong Kong id the testing field for such Chinese challengers.

If they can succeed in Hong Kong, the challengers, who are well-capitalized, want to move in to the world market.
Alibaba group or Tencent with the government owned bank would compete with conventional banks in NY or City in the UK.

Some might it would be great because we can use the convenient service with lower commission.

写真はアリペイのマーク。(写真:ロイター/アフロ)

 

However, I do want you to think again!

All of your individual information is at stake.
You are giving your personal data in return of the “convenient services” to those Chinese Online banks such as what you have bought, how much asset you have, which hospital you have been for what kind of medication, and the biological data to use facial recognition for payment.

Alibaba is said to have such personal data of as many as 6 hundred million people.
Those personal data cannot be erased, when you once give.

The National Intelligence Law was hastily passed in China in 2017.
This law gives authorities sweeping powers.
It makes possible for the government to mobilize any individuals or organizations to carry out espionage for the government.

Under this law, there is no option for any individuals or organizations not to cooperate to the government which want to get any information. Those violating the law will be subject to detention of up to 15 days and can be charged with a crime.

This makes that those individual data, which Alibaba has could be used by the Chinese government freely to find dissidents, insubordinate persons or freedom fighters to put under surveillance.

The Chinese technology of facial recognition is high-end and even Russia wants to have it.
The government once appealed that they could arrest wanted criminals among tens thousands of audiences of the concert using this system.

香港の金融街の様子(ロイターより)

 

The issue at stake today is not the trade deficit of the US.

That is the systems of national Capitalism, in which the authorities can force to transfer the technologies, use cyber-attacks to acquire intellectual properties, give unfair subsidies to special industries, which the government want to grow, because such systems distort fair trade in the world.

The US and Japan want China to make structural reforms, otherwise we cannot compete fairly in the market economies.

On the 10th of May in 2019, the Trump administration started impose 25% of punitive tariff, because the Cines government sent the papers, which omit the part to legislate those reforms one-sidedly.

The US government cannot trust the words of the Chinese governments without these lawful assurance。

I am afraid there would be many industries and companies, those who would be damaged by the trade war between two countries.
However, we ‘d better rearrange our standpoint and move the factory of the supply-chain to other countries as soon as possible in order to minimize our damage.
The economy of China very likely sinks before long.

If not, and the business model of China and the society under government surveillance would become the standard of the world, we have to be suffering from the life without human rights, freedom of thoughts, expression and press.
It would be horrible to live in such circumstances.
It cannot be compared with economic loss.

I do wish as many as people keep the broaden views and thoughts with long time span to judge things now.
We cannot afford making mistake now.

-NEWS, 世界の今と日本