松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS 世界の今と日本

【 中東で一触即発の危機 】【Explosive situation in the Middle East】English follows after Japanese

2019/05/16

5月14日、サウジアラビアの石油パイプラインが爆発物を積んだドローンによって攻撃を受けた。
実は12日にもサウジのタンカー2隻とUAE(アラブ首長国連邦)のタンカー1隻、ノルウエーのタンカー1隻がホルムズ海峡近くで、何らかの攻撃を受けたばかりだった。沈没はしなかったが、タンカーの船体に大きなくぼみが確認された。

タンカー攻撃の犯行は誰によるものかはっきりしていないが、捜査中のアメリカはイランとの関わりを疑っている。

攻撃を受け、UAE沖のフジャイラ港に停泊したタンカー Satish Kumar-REUTERS

 

また、攻撃されたパイプラインでは一時、火災も起きたがすぐに鎮火され、現在は安全確認のため輸送を中止している。
これについてはイエメンでイランの支援を受けるシーア派武装組織フーシー派が「サウジの重要施設にドローン攻撃を開始した」とテレビで報じている。

実は、イランの不審な動きを懸念したアメリカはこの海域に、エイブラハム・リンカーンを中心とする空母打撃群を1週間ほど前から展開させていた。

現在イランは犯行を否認し「我々は戦争を望まない」と最高指導者ハメネイ師が国営テレビで発言している。

しかし、イランはこれまでにも原油輸送の大動脈である「ホルムズ海峡の封鎖」を何度もちらつかせてきた。
今回攻撃を受けたサウジのパイプラインは、ホルムズ海峡を通らずに原油を輸出できる戦略的重要性を持ったものだった。

5月10日、米連邦海事局(MARAD)は中東周辺の海域を航行する石油タンカーを含む米船籍の商業船舶がイランによる攻撃を受ける可能性があるとして警戒を呼び掛けた。写真は米海軍のMH-60Sヘリコプターと、ホルムズ海峡を航行する石油タンカー。2018年12月撮影(2019年 ロイター /Hamad I Mohammed/File Photo)

 

現在はまだアメリカも捜査の結果を発表していない。
イランは、一部の原油輸出を認められれば、核合意にとどまる可能性も示唆しているとされる。

しかし、いつ偶発的な衝突が、重大な結果を招かないとは言い切れない。現在中東は、一触即発の緊張状態にあるのだ。

日本の輸入する原油の8割以上がこのホルムズ海峡を通過する。
万一何かあれば、日本経済に大きな打撃を与えかねないこの危機を日本のテレビの主要ニュースがなぜ伝えないのか、

私にとっては大きな謎である。

 

【Explosive Situation in the Middle East】

On May 14th, the pipeline of Saudi Arabia were attacked by the drones with explosive.
It was right after two Saudi tankers and a tanker of UAE and another of Norwegian were attacked on the 12th near the Strait of Hormuz. None of tankers sank but some got damage on the hulls.

It is not clear yet who attacked the tankers, although the US investigators suggest they are putting blame on Iran and its proxies.

攻撃を受け、UAE沖のフジャイラ港に停泊したタンカー Satish Kumar-REUTERS

 

The pipeline got a fire, which was soon extinguished, is shut down temporarily just in case. The Houthi rebels in Yemen, which is supported by Iran, claimed to have launched drone attacks on vital Saudi facilities on TV.

The US had sent aircraft carrier to watch out around a week ago, because of some alerting actions of Iran.

Khamenei, Iranian supreme leader, said, “ Iran does not seek war with the US” on TV.

However, Iran has mentioned blockade of the Strait of Hormuz, which is the most important artery of transporting oil.
The attacked Saudi pipelines were strategically important, because through them Saudi can export its oil without shipping the chokepoint of the Persian Gulf.

5月10日、米連邦海事局(MARAD)は中東周辺の海域を航行する石油タンカーを含む米船籍の商業船舶がイランによる攻撃を受ける可能性があるとして警戒を呼び掛けた。写真は米海軍のMH-60Sヘリコプターと、ホルムズ海峡を航行する石油タンカー。2018年12月撮影(2019年 ロイター /Hamad I Mohammed/File Photo)

 

The US has not made clear who was behind the attacks on those tankers.
Another report suggests Iran suggested it would remain a party to the nuclear deal in exchange for being allowed to export some oil.

However, nobody can be sure that any accident would not lead serious consequence.
The Middle East is now in the explosive situation.

We should know around 80 % of oil Japan is importing comes through the Strait of Hormuz.
It is unbelievable that no major TV news program reports about this serious situation, which could impact Japanese Economy very badly.

(The phots are from Reuters )

-NEWS, 世界の今と日本