松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS 世界の今と日本

【日米貿易交渉で必要なこと】 【Trade talks between Japan and the US】 English follows after Japanese.

2019/04/22

注目の日米貿易交渉の閣僚級・初会合が終わった。農産品と自動車を含む物品の交渉を先行し、その後、デジタル取引に移る予定だ。
その最中、全米商工会議所のドナヒュー会頭から、非常に正しいエールが送られたと思う。氏は「数量制限を取り入れないよう日米両政府に求める」とし、これは、「自由な企業や市場の擁護者であるべき日本とアメリカが“21世紀の世界貿易のルール”を作る好機だ」とも強調している。

全米商工会議所のドナヒュー会頭は(中央)は日米貿易交渉で輸出自主規制や輸入制限などの数量制限を取り入れないよう日米両政府に求めた=ロイター

アメリカは韓国やカナダなどにも数量制限を求めてきた。
しかし、数量制限は「自由経済」「市場主義経済」の基本理念に反する。
すでにアメリカ国内では TPP11や日本がEUと結んだEPAの発効により、日本への輸出品が競争力を失い、太平洋地域やヨーロッパ諸国にシェアを奪われ、産業界には危機感が募っている。この状況を生み出したのは他ならぬアメリカである。
日本は、「自由貿易」をリードするために非常に高度な貿易ルールであるTPPの交渉をまとめてきた。その方針を貫き、日本の立場とこれまで成し遂げてきたことをきちんと説明すれば良い。

4月17日、ワシントンで15─16日に開かれた日米通商交渉では、物品の関税交渉に限定したい日本と、自動車や農産品に限らず、幅広い分野での貿易協定(FTA)に発展させたい米側との隔たりを埋めきれず、今月下旬の日米首脳会談前の次回会談に結論を先送りした。ワシントンで2015年撮影(2019年 ロイター/Kevin Lamarque)

アメリカは非常に大切な同盟国だが、無理な要求に屈する必要はない。言うべきことはきちんと言っていく方が良い。どちらかに「不当に扱われたと言う被害感情」が残れば、その関係は長続きしない。
重要な関係であるからこそ、「言うべきことを言う」姿勢を貫くべきだと思う。もちろん、それを理解してもらえるよう十分な根拠と議論を尽くすべきなのは言うまでもない。

【Trade talks between Japan and the US】

Japan and the US wrapped up the first round of trade talks by ministers.
They agreed to talk about trade of goods, including farm products and vehicles. Then the talk will move to the so-called digital trade.

Thomas J. Donohue, president and CEO of the U.S. Chamber of Commerce appealed that neither of the two government should require the numerical restrictions. He insisted Japan and the US should be the guardians of free trade and market economy. This is the grate chance for those two countries to build the new trade rules for the 21st century. I believe this is the cheer for Japanese government too.

2019 REUTERS

The US required numerical restrictions to Korea and Canada in the trade talks. However, “numerical restriction” is profoundly against free trade and market economy.
There are some pressures in the US from the industrial side to hurry to agree the EPA with Japan, because they are losing the shares of the export products to Japan, because of TPP11 and the EPA between Japan and EU. The US government invited this situation, not Japan.

Japan has worked hard to conclude the TPP, which has high-level rules, and EPA with EU to lead the free trade. It should pursuit its philosophy and explain what it has done for this ideal.

2015 (REUTERS/Kevin Lamarque)

Although the US is very important allay, it should not be bent by unreasonable pressures. It is better to make a voice. If either side keeps the feelings to be treated unfairly, the relationship won’t stay long. I believe, because the relationship between Japan and the US is important, Japan should say what to be said. There is no need that it should make the foundations clear and much efforts to get the understanding.

-NEWS, 世界の今と日本