松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS 世界の今と日本

【イスラエル、ようやく中国投資に警戒】【Israel Finally Turns Wary eyes on to Chinese Investment】  

2019/08/02

ハイテク技術でトップ・クラスのイスラエルがようやくサイバー・セキュリティー技術などの海外流出に警戒感を示し始めた。

 

2017 AFP

 

イスラエルのサイバー・セキュリティー技術は世界最先端。今年3月にもAIやAR(拡張現実)の技術を持ったスタート・アップ企業「インフィニティAR」が中国のアリババ集団に買収されたばかりだ。今後イスラエル政府は、先端技術や国の安全保障に関わるインフラへの外国企業の投資については、事前審査していく方向だ。

イスラエルはこれまで、北部のハイファ港を運営する権利を中国の半国営企業に 2020年から25年間貸し出す契約を結ぶなど、「一帯一路」構想の一環として急激に増える中国からの投資を歓迎していた。以前住んでいた人間としてはハイテクで最先端技術を持つイスラエルの動きを不安を持って見守っていた。ハイファ港はイスラエルで2番目の規模を誇る港だ。

(ハイファ港の画像,2019 ロイター)

 

しかし、政府は去年末設置した特別審査会で、港の賃貸契約の見直しを始めていた。アメリカはどうやら中国が20億ドル(約2200億円)を投じて行う予定の拡張工事に危機感を持ったようだ。去年10月アメリカの軍艦がハイファではなく南の別の港に寄港した際に、違和感があった。

もし、港の拡張工事が中国当局の手で行われればどのような情報収集システムが構築されるか分からない。

今日、ほぼ同時にフィリピン外務省が、「南シナ海・スプラトリー諸島のパグアサ島近海を中国船が航海しているのは国際法に違反する」と中国に対して強く抗議したニュースが飛び込んできた。フィリピンが実効支配するこの島の付近を今年に入ってから275隻の中国船が航行しているのが確認されたという。

 

An aerial photo shows Thitu Island, part of the disputed Spratly group of islands, in the East Sea, the Vietnamese reference for the South China Sea. Photo by AFP

 

これまで経済重視で中国に融和的姿勢をとってきたドゥトルテ大統領も、5月の選挙を前にして国内で高まる中国への警戒感を無視できず、今回の「警告」に及んだとみられる。

ハーグ条約で勝利の判決を勝ち取ったにも関わらず、フィリピンは中国への融和姿勢をとってきた。

背景には、漁民を拘束され、四年以上経つなど、中国政府から「飴と鞭」の圧力を受けていたことがあるようだ。しかし、ようやく態度を変化させ始めた。

表舞台で行われる貿易戦争の裏側で、熾烈さを増す「中国とアメリカの覇権をめぐる攻防」が、世界の至る所で目に見える形で現れ始めている。

【Israel Finally Turns Yellow Light on to Chinese Investment】

Israel finally turned suspicious eyes on to the lucrative investment from China.

2017 AFP

Israel is going to block the drainage of the cutting-edge technologies to foreign countries. I, who used to live in Israel, have been worried about its attitude to welcome large amount of investment from China for a while, because its cutting-edge technologies are at risk. However Israel, finally made a decision to set the committee to examine foreign investment on the high-tech companies and infrastructure of the country, which could be a matter of national security. We saw Infinity AR, an Israeli start-up company, which had specialty in the field of AI and AR, was bought by Alibaba group of China this March.

Israel had an agreement with SIPG, the Chinese company, which the Chinese government owns more than half of its share, to give the rights to manage the port of Haifa for 25 years from 2010.

(2019 ロイター)

The committee set in the late 2018, started check the contract of the 25-year lease of the port of Haifa. The US seems to have given a wary look on the contract, because American war ships also use the port. If Chinese government starts construction to expand the port, it could build some kind of information gathering system in the port.

On the same day, I noticed the news that the foreign ministry of the Philippines made a strong protest on the Chinese ships cruise near the island, which is owned by the Philippines, in South China sea was violation of the international low. The protest said 275 Chinese ships have cruised near the island since January this year.

An aerial photo shows Thitu Island, part of the disputed Spratly group of islands, in the East Sea, the Vietnamese reference for the South China Sea. Photo by AFP

President Duarte, who has kept harmonious relationship with the Chinese government, because of its lucrative economic investment, could not ignore the rise of anti-Chinese feelings of the people before election scheduled in May.

I believe these are the visible signs of the intensifying struggle for the hegemony between the US and China around the world.

-NEWS, 世界の今と日本