松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS 世界の今と日本

【選挙キャンペーンに使われた銃乱射の映像】【 The Copies of the Footage of the Terror Attacks Spread over the World 】 (English follows after Japanese)

2019/08/02

トルコのエルドアン大統領が、ニュージーランドで起きた銃乱射テロ事件の映像を選挙キャンペーンに使用し、ニュージーランドから批判を浴びている。

クライストチャーチで起こったモスク襲撃事件では、様々な国からニュージーランドに移住したイスラム教徒、50人の犠牲が出た。「安全な国」、ニュージーランドで起きた衝撃的なテロ事件だった。

トルコのエルドアン大統領。イスタンブールで開かれた選挙集会で2月撮影(2019年 ロイター/Umit Bektas)

 

犯人は フェイスブックを使って銃撃の状況を生中継した。その映像は流されてから12分間後にはデリートされ、生で見たのは200人以下だと発表された。

しかし、そのコピーは様々なSNSを使って拡散。ニュージーランド政府は映像の拡散や視聴を「違法」と認定した。

FB側は削除に奔走。24時間の間にアップロード時、もしくはアップ直後に合わせて150万のコピーをブロックしたとしている。しかし、拡散は完全には根絶やしにできず、世界で「SNSのプラットフォームはコンテンツにもっと責任を負うべきだ」という声が高まっている。

その映像がテレビを通して全国に放送された国がある。トルコだ。

トルコでは3月末の地方選挙に向けて激しいキャンペーンが続いているが、与党・公正発展党(AKP)は経済の悪化などで苦戦している。選挙集会のスクリーンに映し出されたモスク襲撃の映像には、「イスラムとトルコ人に対するテロリスト」とスーパーが入る。エルドアン大統領は「今回のテロの本当の標的はトルコ人とトルコという国だった」と国民を扇動。少しでも多くの票につなげたい考えだ。

 

銃撃の起こった現場。写真はロイターより。

 

確かに、声明文の中に一部トルコに触れた部分はあるが、しかし、犠牲者の多くはインドネシアやアフガニスタンやパキスタン、インド、ヨルダン、エジプト、クエート、バングラデッシュ、ソマリアなどから夢を追ってニュージーランドに移住してきた人々で、シリアやイラクから戦火を逃れ、生きるためにきた人々だった。

ニュージーランド政府は映像を流したことを「 NZの姿を歪めて伝え、海外に住むNZ人の身を危険に晒す」として強く非難。最大野党も「わずかな票のために、この映像を孫に見せるのか」とイスラム教徒の恐怖心を刺激するエルドアン大統領に批判の声を上げた。

ニュージーランドは移民を積極的に受け入れてきた国で、犠牲者の中にはサッカーのゴールキーパーや学生、子供が含まれていた。私が1999年から2年間住んでいた時、ヘレン・クラーク首相は「ニュージーランドの唯一の脅威は地球温暖化だ」と言うほどだったし、当時2隻しかなかった戦艦の一隻はヨーロッパでオレンジを運ぶ、という任務に就いていた。

 

犠牲者への追悼が行われるニュージーランド(NZ)のクライストチャーチのモスク(2019 ロイター)

 

エルドアン大統領はかねてから「世界で最も強力なイスラム大国であるトルコの勢いを抑えようと外国勢力が陰謀を巡らせている」と外に敵を作る手法で、国民の支持を集めてきた。

氏が政権をとってから、トルコ国内では反米・反EUの感情が危険なほどに高まっている。陰惨な映像まで使って、まるで互いの「憎しみ」を煽るようなこの行為が、暴力の連鎖に繋がらなければ良いが・・・と危惧する。

(その後ニュージーランド政府は、テロで使われた半自動銃の全面禁止など、銃規制の強化へと踏み切った。)

 

【 The Copies of the Footage of the Terror Attacks Spread over the World 】

President Erdogan of Turkey had used the footage of the terror attacks on two mosques in New Zealand in the election campaign. These assaults killed 50 people.

The terror attacks, which took place in one of the most " Safe Countries" in the world shocked the world.

(2019 REUTERS/Umit Bektas)

 

The gunman live-streamed for 17 minutes shooting at the mosques on FB. Facebook said the number of the people who watched it live is less than 200 before it deleted the video after 12 minutes. But the copies were made and placed on the net. The NZ government officially recognized that both spreading and viewing the footage are illegal.

Facebook continued to work around the clock to prevent this content from appearing on the site and said they blocked 1.5 million copies within 24 hours, some were at the point of upload and some were after being uploaded.

It, however, is difficult to remove all the fingerprints. Some leaders in the world expressed concern over the responsibility of the platforms saying, “ It is unacceptable to treat the internet as an ungoverned space”.

 

(2019 REUTERS)

 

In Turkey the footage was on the TV programs, which was carrying the campaign of the local election, which will take place in the end of March. AKP is trying hard to collect votes in the adverse wind because of the struggling economy. The footage carried the superimpose, “ The terror against Islam and Turkish”.

There is some sentences about Turkey in the statement of the assaulter in fact. But in the reality, most of the victims were the people from Pakistan, Bangladesh, Afghanistan, India, Jordan, Egypt, Kuwait, Somalia, Iraq and Syria to study, work or build a better life in New Zealand. Some came to survive.

 

(2019 REUTERS)

 

The NZ government rebuked strongly, “ Showing the footage sent the wrong image of the country and exposed the New Zealanders living out of the country to danger.”

Some leader of the largest opposition party also blamed the deeds asking if it was worth to show such a dismal video to their grandchildren for some votes. It has been the style of the president to show up himself as the strong man to attract voters.
I wish this action, which could incite the people to fight each other, hate each other won’t lead more violence in the future in any corner of the world.

-NEWS, 世界の今と日本