松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS 世界の今と日本

【ボーイング墜落事故が鳴らす警鐘】【The Warning of the Boeing-Jet-Crush 】 (English follows after Japanese)

2019/03/15

3月10日、エチオピア航空の飛行機が離陸直後に墜落し、乗員・乗客157人全員が死亡した。機体は自動操縦システムを搭載したボーイング「737MAX8」だった。
この新型機は2018年10月にもインドネシアで墜落。乗員・乗客189人が死亡している。

写真はアディスアベバの空港で2017年1月に撮影されたエチオピア航空のボーイング737MAX8型機(2019年 ロイター/Amr Abdallah Dalsh/File Photo)

 

このニュースはすぐに BBCなどで世界中に報じられた。インドネシアと中国が同型機の運行停止を決め、12日にはオーストラリア、シンガポール、英国、ドイツ、フランスそしてカナダ、アメリカが同様の措置をとり、現在は50カ国を超える国が運行を停止している。

私が問題だと思うのは、このニュースが直後には、日本のテレビメディアでほとんど伝えられることが無かったことだ。
現在、ボーイングの自動操縦システムに大きな関心が集まっており、それが各国の運航停止につながっている。しかし、墜落直後には、21人の国連の職員が乗っていたことから、テロの可能性もゼロとは言えなかった。
157人の人命も大きく、また、「自動操縦システム」の根本的な問題、あるいはテロの可能性が排除されない状況でこのニュースを一切報じなかった日本のメディアの感覚は異常だ。

「3.11の追悼特集」の時期と重なった点を考慮しても、その間に報じられていた他のニュースは「アポ電による強盗」「翌日の大雨・強風」「殺人事件」。
「明日はコートを羽織ってお出かけください」「振り込め詐欺に気をつけて」と100万回繰り返して聞かされる時間がある位なら、今、世界で何が起こり、それが将来の私たちの生活にどんな影響を及ぼしうるのか説明してほしい、と思うのは私だけだろうか?

(ようやく14日、日本政府がこの問題を取り上げたことで、メインのニュースとして取り扱われた。これが物語るのは記者クラブに政府から発表があるまで多くのテレビ・メディアが正面から対応していなかったということだ。)

3月11日、米航空機大手ボーイングの保険会社が、エチオピア航空「ボーイング737MAX8」機墜落の犠牲者の遺族から、巨額の損害賠償請求に直面する可能性があると、業界関係筋が明らかにした。エチオピアのビショフツ近郊の墜落現場で撮影(2019年 ロイター/Tiksa Negeri)

 

この一件が明確にしてくれる問題は大きく分けて三つある。

1、「日本のメディアの体質」

マス・メディア、特にテレビの報道が内向きで国際的な視野を欠いている。
政治部、社会部の発言力は強いが、外信部の力は局内で弱いためメインニュースで取り上げられにくい。起きた事柄の重要性を瞬時に見分けられず、また解説して伝える力が弱い。

2、「国際的に鈍感な私たち国民の感覚と未来への警告」

この事故が内包する問題は非常に大きい。自動運転の実用化が目の前に迫っており、そこに潜む危険性が示唆されている。インドネシアの事故では、パイロットが安全性を信じ込み依存していた。「手動操縦中でも、特定の条件下では自動システムが作動して機首を下げることは知らなかった」とパイロット組合が述べているのは象徴的だ。自動操縦システムを使うパイロット達の訓練や心理の問題を提起した。

3、「次世代のハイテク技術で善意でない個人や国家が優位に立った時、何が起こりうるか?という警告」

もう一つ重要なのは、今後技術が進み、自動運転や IoTが進んだ時に、何が起こるか?という視点だ。万一、悪意ある個人、もしくは国家がそのような分野でシステムを乗っ取る技術を得たら、私たちの生活がどれほど危険な状況に置かれることになるのか?ということを最悪の形で見せつけた。事故現場には無数の破片が散らばり、一人の生存者もなかった。
将来、電気が、水道が、地下鉄や飛行機、自動車が IoTでコントロールされる社会でサイバーテロが行われた時に起こりうる被害は、これまでの比ではない事をまざまざと見せつけられた思いだ。

 

エチオピア航空機の墜落現場に散らばる残骸=10日、アディスアベバ郊外(ロイター)

 

現在進行中の次世代のハイテク技術分野での覇権競争の結果、誰が勝利者になるのかまだ分からない。水面下でギリギリの競争が行われている最中、現在優位に立っているように見える者が、明日も優位でいられるか保証はないのだ。危機感が募る。

そんな時に、このニュースを事件が起こった直後の11日に、ほとんど報じることの無かった日本のテレビ・メディアは猛省すべきではないか?

マス・メディアの最も重要な役割は、国民に危機が迫っている時に警報を鳴らすことではなかったか?

 

【 The Warning the Crush of Boeing Jet gave us 】

The Boeing 737 MAX 8 crushed in Ethiopia on the 10th, shortly after taking off. 157 people were killed in the tragedy. The jet had automatic system.
The MAX 8 crashed and killed 187 people last October in Indonesia.

(2019 REUTERS/Amr Abdallah Dalsh/File Photo)

 

This news was delivered soon after the crash in the world by many media including BBC. China, Indonesia barred Boeing 737 MAX 8 from its airspace. Australia, Singapore, UK, Germany, France and Canada and finally the US followed and grounded the jet.

The problem I am now worrying most is the facts that no mass media, especially TV reported this incident at all on the day in Japan.

Many professionals are now interested in the failure of automatic system and this lead more than 50 country’s reaction to ban the jet until the reason of the crash becomes clear. 21 UN workers, however, were on the flight and some suspected the possibility of the terror attack right after the crash. It was not Zero.
The lack of attention of Japanese mass media on this incident is not acceptable. Needless to say, the importance of the life of 157 people, it showed us the profound problems of the automatic control system.

 

(2019年 REUTERS/Tiksa Negeri)

 

I wonder if it is only me, who wants to listen what is going on in the world, instead of listening about weather, or single murder, or theft from TV news. We, the Japanese are listening about the weather system at least 10 minutes a day sometimes hours a day. Do we need to be warned to have an umbrella next day? Aren’t we grown up?

This made us at least three major problems the Japanese society has.

1, The media is concentrated in the domestic problems too much. The club system of reporters is one of the reasons and it makes the imbalance of the domestic news and the international news in the major news program.

2, We, the Japanese people has tendency to be satisfied with such news and don’t make a big voice for the international news coverage to the media.
This tragedy pointed out the risks in the future society, where IoT will prevail. The accident happened in Indonesia last year taught us that to much dependence on automatic control system would cause lack of caution or the not-enough-training of pilots.

3,  Another point is this case gave us some idea what would happen in the smart society with automatic driving system and automatically controlled electricity, water system.
If an individual or a nation state, which has evil intention obtains the technology to override such systems, how vulnerable our society will become?
The aftermath of the crush, we only could see countless debris of the airplane and no life left there.

 

(2019 REUTERS)

 

We don't know who will be the winner in the severe competition of the high-technology in the next generation. Because the one who seems to have upper hand today might become a loser next day in this tight race. This makes me very uneasy.

I believe that the Japanese mass media, which failed to whistle an alarm for its own people should have serious reflection.  One of the most important duties of the mass media is to worn the people when the threat is showing its sign.

-NEWS, 世界の今と日本