松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

世界の今と日本

【ボスポラス・サミット役員就任 来年は「日本の貢献」をテーマに!】【Huge Success of Bosphorus Summit】English follows after Japanese

2019/03/07

「ボスポラス・サミットの司会を務めたパネルのテーマは「教育」。
「国の最も需要な基盤は『教育』。なぜなら教育を受け、世界に開かれた広い視野を持つ若者こそが国の明るい将来を創っていくのだから」と始めました。日本では江戸時代末期には「男子の40%、女子の10%が教育を受けていたこと」、明治維新の時には最低でも日本人の70%が読み書きができたこと」がその後の「日本の躍進」に繋がったのです。
その頃の「大英帝国」の識字率は、わずか25%。ですから当時日本の庶民の大半が読み書き、そろばんができた、というのは世界では驚異的な事だったのです。
アゼルバイジャンのバイラモフ博士は「イノベーションを生み出す力」を、トルコのベイケント大学のギュルソイ教授は一人一人の学生に寄り添って教育を行うことの重要性を強調しました。
トルコは今、大学を出た若者の2割が仕事に就けない状況です。トルコの将来を悲観して国を離れた若者は、去年25万3000人を超え、前年に比べ42%増加しました。平均年齢31歳の「若い世代」を抱え「成長の可能性」を秘めた国であるにも関わらず、その若者は職がなく、格差の大きさを示すジニ係数も0.443で社会の不安定性が懸念されているのです。
普通校が減り、イマーム・ハテップ校(宗教指導者を育てるための学校)が増えていますが、普通校より大きな補助金が出ているにも関わらず定員割れしています。科学やITの基本をあまり教えない学校ではイノベーションを起こすための知識を備えた若者が育成できません。これは、中進国であるトルコがさらに飛躍するための大きな課題となっています。
パネルの終了時には大きな拍手がわき起こり、会長などから「今回のサミットで最高のモデレーターだった」とお褒めの言葉をいただきました。
4日間を通して、誠実に会長やスタッフとの交流に勤めたのが評価されたのか、「これからボスポラス・サミットの役員として協力してほしい」と言われました。なんて光栄なこと!!
「来年は10周年なので、大事な国にフォーカスを当てて行いたい」とのこと。今年は「一帯一路」などが独立テーマとして取り上げられていましたが、日本関連のパネルは一つも無し!来年はかならず、「日本文化」や「日本の経済協力」などをテーマにしたパネルをたくさん作ってやる〜!!と心に誓ったのでありました!!
来年の「ボスポラス・サミット」、絶対に楽しみにしていてくださいね!日本はトルコへの直接投資も2016年は5位、2017年は7位。シリア難民の教育機関を作るなど大きな貢献をしているのです(日本ではあまり知られていませんが・・・)。来年のサミットこそは、絶対に日本のプレゼンス・貢献を示すものにしていきます!!

The theme we discussed was “Education”.
I started it with saying, “ Education is the most important foundation of the nation state, because the young people who has broad vision and well trained skill will make the bright future of the country!”. I mentioned, “In Edo era, 40% of male and 10% of female got education. They say more than 70% of Japanese could read, write and calculate at the beginning of Meiji Restoration. That was the key of the Japanese miraculous economic growth.

The literacy of the UK in that time, was only about 25%.”
Dr. Bayramov emphasized the importance to create innovation. Prof. Gursoy of Beykent University stressed the importance of love and care for each student not only the budget.
20% of university graduates in Turkey cannot find job these days in Turkey. Brain drain is a serious issue. The strength of Turkey is its big population of the youth. The average age is 31 years old. It has the big potential of growth. How to make use of this potential for the next step to reap from the middle-income society to the advanced industrialized economy is the crucial point for the bright future of Turkey.
In the end of the panel, we got big hands and the president of the Bekant University kindly said, “ You are the most successful moderator of the Summit!!”.
It was my honor that Mr. Cengiz Ozgencil, the president of International Cooperation Platform, which is organizing the Bosphorus Summit, kindly asked me to become a board member of ICP.
He said because it would be the 10th Bosphorus Summit next year, they want to focus the summit on an important country.
I was a little sad because there was no particular panel focused on Japanese contribution this year. Although Japan is one of the biggest direct investors and Japan even established the school for the children of the Syrian refugees in Turkey. I wish we can make some panels which focus on Japanese contribution next year!

-世界の今と日本