松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS

【ロシア、トルコ、イランがシリアでの停戦維持のため協力で合意 】 【 Russia, Turkey and Iran hammered out the joint statement on Syria 】 English follows after Japanese

2017/01/27

スクリーンショット 2017-01-24 16.39.11

 

23日から、24日にかけ、ロシア・トルコ・イラン主導の「シリア内戦をめぐる和平会議」が開かれ、この3カ国による、「停戦監視体制」を創設することが決まった。
開かれた場所は、カザフスタンの首都アスタナ。

 

640px-Central_Downtown_Astana_2

By Ken and Nyetta - Central Downtown Astana, Kazakhstan, CC BY 2.0, Link

 

(中央アジアに位置するカザフスタンは、1991年に独立を果たすまで、ソ連の支配下にあった。カザフは石油やガス、ウラニウムなど鉱物資源が豊富で、一人当たりの GDPが1万ドルを超える。私はこの国に2週間、滞在したことがある。写真は、カザフスタン大使からいただいたアスタナの風景を描いた盾とチョコレート。)

 

DSC00270

 

和平会議は、ロシア、トルコとイランが共催。
アサド政権の代表と自由シリア軍など、13以上の反体制勢力が、参加した。
アメリカは招待されたが、あえて高官の派遣はせず、カザフスタン大使が出席。
国連からはスタファン・デ・ミストゥーラ シリア特使が出席。
5年を越すシリアの内戦では30万人以上の命が犠牲になり、1100万人以上が難民と化した。

 

26MOSUL-SS-slide-0MH3-sfSpan-v2

  from The New York Times

 

ロシアとイランはアサド政権側を支援して、先月、反体制派の要衝だったアレッポの陥落にまでこぎつけた。

 

img_49df18d64f42073c036c0be43b95f3af128095 from AFPBB News

 

一方、トルコは最初から「アサド政権は放逐されるべし」と主張し、米欧や湾岸諸国とともに、反体制派を支援し、実際に戦闘にも参加してきた。
しかし、去年夏にロシアとの関係の修復がなされる中で、シリアに対する態度は軟化してきている。

 

 

_93775728_aad48daf-dd86-417c-a725-f74e7ae440f1 from BBC News

 

そんな背景の中で始まった会議は、冒頭から、アサド政権と反体制派が、互いに「テロリスト」と罵り合う形になり、大きな成果が出るとは予想されていなかったが、かろうじて、「先月から発効している『停戦』を監視する団体を創設し、共催3カ国が責任を持って違反を防止する」という合意が、共催のロシア、トルコ、イランの間でなされた。
しかし、アサド政権側も、反体制側も最終合意にはサインしていない。

 

この会議では、次の5点が注目される。

1、 ロシアが主導し、トルコとイランが共催していること。

2、 反体制派は、先月、最後の大きな要衝アレッポを失ったばかりで、これまでになく、弱い立場にあること。

3、 アメリカが共催国として入っていないこと。

4、 サウジアラビアが呼ばれていないこと

5、 反政府勢力として、アメリカが支援していたシリアのクルド人組織が呼ばれていないこと。
反体制派がイランの存在に疑義を呈し、アサド側も署名を拒んでいることから、合意の実効性を疑問視する声も多いが、2月8日にはジュネーブで国連主導の和平会議が予定されており、それまで、この「停戦監視体制」が機能すれば、それは大きな一歩となりうる。

 

この会議のキーマンはこの二人だ。

1、 ロシアのプーチン大統領にとっては、アメリカを共催国から外したままのこの会議で何らかの成果を上げることができれば、中東におけるアメリカの存在感はさらに弱まり、ロシアの存在感がはるかに高まるというメリットがある。
プーチン大統領は、エジプトやリビアでも、更に大きな影響力を行使したいとさえ考えているだろう。

 

Russia_Putin_02472.jpg-4172c
from washingtonpost

 

2、 トルコのエルドアン大統領にとっては、今や、アサド政権を潰すことよりも、国内の安定と、シリアでのクルド勢力を潰すことの方が、優先順位が高いだろう
一部には、トルコは、シリアのクルド人勢力を攻撃することをロシアが黙認する見返りに、アサド政権が残る形での和平の枠組みに、柔軟に対応するのではないか、といった憶測さえある。
ロシアとトルコ、そしてイランの協調の裏には、トランプ政権が、シリアへのはっきりした態度を決める前に、アメリカ抜きで、何らかの「既成事実」を積み上げておきたいという思惑が見え隠れする。
停戦合意は、これまであちこちでほころびが見えてきていたが、この二人の野望がエネルギーとなって、逆に、2月のジュネーブでの会合までは、停戦が維持されるのではないかという気がしている。

 

erdogan-palace
from independent.co.uk

 

基本的人権、人道主義、法の支配からはかけ離れた価値観を持つ二人だが、敵に回せば、「モラルに縛られる敵」よりよほど恐ろしい。

そうであれば、皮肉にも、シリアは今、「二人の強大な守護天使」を持つことになったと言えるかもしれない。

 

 

スクリーンショット 2017-01-25 6.06.21

from The New York Times

 

 

 

【 Russia, Turkey and Iran hammered out the joint statement on Syria 】

 

Russia, Turkey and Iran agreed on setting up a trilateral commission to monitor and enforce the cease-fire that came into effect in December 2016 after the peace talks in Astana today.

Russia, Turkey and Iran brokered the peace talks for the first time in nearly  6 years in Astana, the capitol of Kazakhstan on 23rd and 24th.

 

640px-Central_Downtown_Astana_2

By Ken and Nyetta - Central Downtown Astana, Kazakhstan, CC BY 2.0, Link

 

(Kazakhstan was the last of the Soviet republics to declare independence in 1991. It is one of the strongest performing economies in Central Asia producing oil, gas, uranium, etc. Its nominal GDP per capita is over $10,000.

I have been in Kazakhstan for 2 weeks. The photo is the shield of Astana and the chocolate made in Astana.)

DSC00270

 

Russia, Turkey and Iran sponsored the peace talks.

The delegations of Syrian Assad regime and more than 13 anti-regime rebels met together with UN special envoy to Syria, Staffan de Mistura.

The US did not send the delegation and the ambassador to Kazakhstan attend the talks.

 

26MOSUL-SS-slide-0MH3-sfSpan-v2

  from The New York Times

 

Russia and Iran have backed the Assad regime and helped it to have won back Aleppo last month.

On the other hand, Turkey was the country, which insisted, “Assad must go”, but has gradually softened the stance during the rapprochement process with Russia starting last summer.

 

The talks started with the rebels denouncing the Assad regime as terrorist and the regime calling back the rebels terrorists so that not many expected they would achieve a big progress.

They, however, hammered out the agreement among the three sponsoring countries, to set up the trilateral commission to monitor breaches of ceasefire that came into the effect last month

 

img_49df18d64f42073c036c0be43b95f3af128095 from AFPBB News

 

Neither of the delegation of Assad regime nor Syrian rebels had signed the agreement.

 

 

_93775728_aad48daf-dd86-417c-a725-f74e7ae440f1 from BBC News

 

I think we should pay attention to following 5 points.

 

1, These are the talks initiated by Russia and co-sponsored by Turkey and Iran

2, The rebels lost Aleppo last month, the last big urban stronghold and were in the weakest position since the the civil war started.

3, The United State was not co-sponsoring the talks.

4, Saudi Arabia was not invited to the talks.

5, PYD, the main U.S. backed Kudish rebel group in Syria was not invited to the talks.

 

Because the rebels had strong objection against the involvement of Iran in the monitoring commission, and because the Assad regime rejected to sign the final agreement, there are many those who doubt the effectiveness of the agreement.

However, I believe this agreement could be an epoch-making step, if they could keep ceasefire until the planed talks in Geneva under UN auspices on the 8th of February.

 

There are two key persons.

1, For the president Putin, it would be such a big triumph if he could realize some progress in Syria without the US’s hand, he can enhance the presence of Russia in the Middle East, and also make sure people understand that the presence of the U.S. is now shrinking in the Middle East.

He might want to play larger role in Egypt and Libya.

 

Russia_Putin_02472.jpg-4172c
from washingtonpost

 

2, For Erdogan, the president of Turkey, I presume that to keep the domestic stability and to smash the PYD in Syria is of the higher priority than to end the Assad regime.

 

erdogan-palace
from independent.co.uk

 

Some even say that Mr. Erdogan could be as flexible as possible toward the future of the Assad regime, if it could assure him to terminate the Kurdish rebels in Syria.

 

I can sense that the cooperation of the three sponsoring countries stands on the calculation that they want to achieve some established facts before the new president of the U.S. would decide his attitudes.

 

The two strongmen seem not share the values , such as basic human rights, humanitarianism, and the rule of law.

That fact makes these two presidents much more difficult opponents to deal than the opponents who are restrained by moral.

 

Although the agreement on the ceasefire last month has been fragile, the respective ambitions of these two strongmen may become the strongest guardian of Syria until the planned talk on February 8th.

 

スクリーンショット 2017-01-25 6.06.21

from The New York Times

 

-NEWS