松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

世界の今と日本

【瀟洒な宮殿で行われたベルギー王国のレセプション】【The national Day Reception of the Kingdom of Belgium】English follows after Japanese

dsc04695

ベルギー大使館のナショナルディ・レセプションは王様の誕生日です。

ワルシャワ中心街にある素敵な古城で行われました。

The National Day Reception was held in Mniszech Palace in central Warsaw.

 

ワルシャワ中心部のエレガントな、ムニシェフ宮殿にあります。
大使のコレットのスピーチは、フラマン語、フランス語、そして英語。(あ〜、良かった!)   白状すると、フランス語はあまりわかりません。。。

この数年、ベルギーでは多くのテロが行われ、「テロとの戦争」の最前線にいると言っても過言ではありません。

dsc04701

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-10-59-18

 

そのベルギーが、ロシアからの脅威に怯えるバルト3国のうち、リトアニアに来年から兵を常駐させます。小さな国ではあるけれど、「リトアニア以外にも、すでにヨルダンにも、シリアにも兵を送っており、 EUのメンバーとして、NATOのメンバーとして、ポーランドとともに進む」という力強いスピーチでした。

アメリカの次期大統領トランプ氏が、 NATO各国へのコミットメントを明確にしていない今、常にロシアからの侵略に怯えてきたポーランド人にとっては、嬉しい、ベルギーからの力強いメッセージだったと思います。

ポーランドと隣接するロシアの飛び地、カリーニングラードには、すでに核弾頭も載せられるミサイルが配備されているという情報もあります。

中央ヨーロッパの国々にとって、いつ自分の住む国が侵略されるかもしれない、という恐怖は2014年のロシアの武力によるクリミア半島併合以来、日々の心配事なのです。

 

dsc04706

 

 

会場でこの時、ご一緒だったのは、レバノン代理大使ご夫妻とドイツの大使夫人。

この日はレバノン代理大使夫人のお誕生日でもありました。

この花が開いたような、明るい笑顔!!

32度のレバノンから戻ってらしたばかりだそうです。

私たちは、去年12月まで、レバノンのお隣、イスラエルに1年半いましたから、明るい日差しの溢れる地中海の雰囲気が、目の前に浮かびます。

The lady with blossoming smile is the wife of the Charge d'affaires of Lebanon.

It was the birthday of her too!! Her smile always makes us happy like the bright sunshine in Lebanon.

 

dsc04710

dsc04708

美味しいお食事を召し上がっているのは手前がブルガリア大使。

オレンジのショールの可愛らしいレディがアルゼンチン大使、パトリシアで、お隣の長身のジェントルマンがそのご主人。

ポーランドでは女性の大使が、この夜のホステスのベルギー大使を始め、アルゼンチン、クロアチア、二ュージーランド、フィリピン、フィンランド、スエーデン、そして、つい先日までいらしたポルトガル・・・。

羨ましいほどの女性の進出ぶりです。

The tiny and cute lady with orange shawl standing between the Bulgarian ambassador and her tall husband is the ambassador of Argentine, Patricia.

There are many female ambassadors posted in Poland, such as the ambassador of Belgium, Croatia, Finland, New Zealand, the Philippines, Sweden and Portugal (she left Poland only a few weeks ago..)

This is a great thing, which demonstrates the new era for females.

 

下の写真はドイツ大使夫人オリビア。元新聞記者。同じジャーナリストとして話が合います。移民問題も、各国で進む右傾化も二人の話題にのぼります。

私たち外交官の仕事は「信頼のパイプ」をつなぐこと。

万一、国と国の間で問題が起こっても、信頼して話のできる人間関係が多ければ多いほど、融和の道を探れる可能性が高まるのです。そんな時は来るかもしれないし、来ないかもしれません。

でも、「その時」に、少しでも良い解決法を見出せるように願って、毎日、少しづつ、「信頼」の絆を深めるための時間を重ねていくのです。だから、どんなに疲れていても、こういう集まりにでかけて、一言でも会話を交わすことに意味があるのだと思っています。

This lady is the wife of the German ambassador.

Because she used to be a journalist for a German news paper, we find a lot to discuss with each other.

dsc04705

I believe one of the key duties of diplomats is to establish a ”Pipeline of Trust”  amongst one another.

Therefore, we gather on such occasions even though when we are so exhausted and have small chats-- or sometimes serious discussions--to build the rapport that bonds us as fellow humans.

The "trust" cannot be shared in a single instance. It takes time to nurture.

I believe the most important thing is being honest and expressing sincerity in human relationships.

Even when, or perhaps especially when, the nation states have troubles each other, the Pipeline of "trust " of individuals could lead the better solution for both nations. It may happen, or it may not, but the diplomat must endeavor to make it so.

What we can do is to keep hope, and to keep working on it.

サロンのあちこちで、人々の交流が行われています。普通はワインがほとんどですが、この夜は様々な種類のビールが主役。なんて言ってもベルギーですもの。中にはバラ色の「チェリー・ビール」までありました!(とっても甘口!!)

dsc04713

People are enjoying small chats in every corner.

Usually wine is the most popular drink. But beer was the main entertainment of this evening.  After all, it is the Belgian night!!

They even had a  "Cherry Beer", which was so seductive rosy color!!  So sweet!!

うふ!カナダ大使もアイルランド大使もフィンランド大使も、おししいお料理を満喫中。

dsc04702

 

この素晴らしい宮殿の紹介を少しさせてくださいね。

英文の中にも新しい写真が入っていますから、どうぞご覧になってください!

Let me introduce the history of this fabulous palace.

ベルギー王国の大使館は、ワルシャワ中心部のエレガントな、ムニシェフ宮殿にあります。
この宮殿は1620年には木造の邸宅でしたが、18世紀に、優雅なバロックスタイルの煉瓦造りの宮殿として建て替えられ、ポーランドの様々な歴史を見てきました。向かいには18世紀のアウグスツ王の宮殿もあります。

dsc04736-5

 

ポーランドは1795年に、ロシア、オーストリア、プロイセンの3つの帝国によって分割され、地図上から姿を消しました。

その時の締結書には、「ポーランド王国が存在したことを思い出させる全てのものを消滅させなければならない」と明記までされました。

そのことがポーランド人の誇りを大きく傷つけました。

dsc04736-4

 

その後、ナポレオンの時代を経て、1815年、ロシアのアレクサンドル1世を王とした、名ばかりの「ポーランド会議王国」ができますが、ポーランド人たちは本当の独立を目指して何度も蜂起を企てます。何度も、何度も・・・。

強大なロシア帝国に対して・・・。

1863年には、自称「臨時国民政府」がロシアに宣戦布告しましたが、当初の反乱軍はわずか6000人程度。ポーランドの地に駐在していた10万人ものロシア兵には、とても勝てる見込みはありません。

しかし、彼らは農民たちの協力も得て、1年以上にわたって、奇襲攻撃を続けました。
その、「臨時国民政府」の秘密の会議は、この宮殿でも行われていたそうです。

 

img_0931-jpeg

1918年ポーランドはようやく悲願の独立をとげます。

その後は、この宮殿で多くの華やかな晩餐会やパーティが開かれました。

が、翌年、ベルギー国王アルバート1世を迎えてのパーティもこの宮殿で行われたそうです。

Poland regained its independence after the First World War in 1918.

And the solemn gathering in honor of Albert the 1st, then King of Belgium was held here in 1919.

dsc04729

宮殿は1944年の第二次世界大戦で、大破し、59年から再建が始まり、今は美しい姿を取り戻しています。

そのような歴史を経て、ベルギー王国は、1962年から、この瀟洒な宮殿を大使館としているのです。

The National Day Reception of Belgium was the celebration of the King’s birthday held in a beautiful old palace.

The Embassy of the Kingdom of Belgium is located in Mniszech Palace in  central Warsaw. They chose this historic palace as the embassy, partly because their special relationship with this elegant building.

 

dsc04735-1

 

img_0937-jpeg

ポーランドに住んでいて驚くのは、多くの場所や建物が、その苦渋に満ちた歴史と重なること。

ポーランド人が歩んできた歴史が、栄光と苦渋に満ちていたこと。

そして、ポーランド人たちが、常にポーランド人としての”誇り”を失わずに、自由のために戦ってきたことです。

 

 

The ambassador’s speech was in Flemish, French and English (I was so relieved…)

To tell the truth, my French is very poor...

 

dsc04699

 

Belgium has recently had some terrible terror attacks, and is in now fighting at the front of the War against Terror.

She affirmed that it will send troops to Lithuania in 2017, according to the decision of the NATO summit in July.

And it already deploys troops in Jordan and Syria.

The ambassador's speech transmitted a strong message that Belgium will walk shoulder to shoulder with Poland as a member country in the EU and NATO.

Because the president-elect in the US is not so decisive to protect NATO Allies at least now, I believe many Poles must have appreciated the Belgian stance.

 

正面のドアの上、ベランダには誇らしく、ベルギー王国の紋章が飾られています。

img_0939-jpeg

 

玄関を入ると素敵な階段が、上のフロアへと誘っています。

When we step into the palace, we are welcomed by one of the most beautiful staircases.

1dsc04694

 

階段を上がると見事なタペストリーが飾られています。

When we go up to the first floor, we were welcomed by the gorgeous tapestry.

dsc04717

 

Mniszech Palace was a wooden mansion erected in the 1620’s.

It was reconstructed into a gorgeous palace of bricks with two wings and other buildings in the 18th century in elegant Baroque style.

このムニシェフ宮殿は18世紀に完成されたバロック風の建築です。

この重厚な木の扉を通り抜けるとタイム・トリップをしたような感覚に襲われます。

1dsc04693

 

The palace has been owned by many royal celebrities and witnessed the complex history of Poland. On the other side of the street, there was another palace purchased by King Augustus in 1726.

代々の城主はポーランドでも名だたる方ばかり。中には数奇な運命を辿った方もいます。

この肖像画は19世紀のものです。

 

img_0933-jpeg

 

実はポーランドは、18世紀には、王を貴族の中から選挙で選ぶ、という当時にしては大変、先進的な制度を持っていたのです。

それが、皮肉にも、周辺の列強から危険視され、領土分割に至った原因の一つでもありましたが・・・。

 

Poland had a progressive system to choose its king by election among the aristocrats in 18 century.

Ironically, it was one of the reasons to lead the division by three empires, who were afraid such a system could undermine their imperial systems.

Russia, Austria, and Prussia divided Poland completely in 1795. They signed an agreement, which clearly said, “ Anything which recalls, recognizes or reminds the existence of Poland must be vanished.”

After the Napoleon wars, a Kingdom of Poland was carved out with Alexander Romanov od Russia as the Polish king.
There have been many insurgencies by Polish patriots against the rule by Russia.

In 1863, a Polish “National Government” was established which leld a series of clandestine meetings in this palace.

They had only about 6000 members in the beginning. Surprisingly enough they fought a guerilla war more than one year against the Russian military's 100.000 soldiers stationed in Poland.

 

この宮殿は、ポーランドの、そんな血なまぐさい歴史も、王国としての華やかな時代も、何百年にわたって、見てきました。

こんなに素敵なダイニングルームで、何百年もの間にどんな人々が、集まり、どんな会話がなされてきたのでしょう?

想像するだけでも楽しくなります。

In such a beautiful dining room, what kind ladies and gentlemen gathered and what kind things were spoken in these hundreds years?  Even imagining such things makes my heart exciting!

img_0934-jpeg

 

Poland regained its independence after the First World War in 1918. And the solemn gathering in honor of Albert the 1st, the then King of Belgium was held here in 1919.

Unfortunately, the major segment of the Palace was heavily damaged during the Second World war. But the reconstruction of the palace started in 1959.

The Embassy of the Kingdom of Belgium has been located in this elegant palace since 1962.

 

波乱の歴史を歩んできたポーランド。それを今も伝える様々な建物や、芸術品。

それらを見る機会を与えられていることに、とても、感謝しています。

大使館を公開してくれたコレット大使、こんなに素敵な夜をありがとうございました!!

 

It is amazing everything in this country is deeply connected with its complex history.

And each of them reminds us how the Poles kept their "pride" even when they lost the nation state, and continue fighting for their independence.

It was a beautiful evening to even ponder the history of Poland.
Thank you very much Colette for giving us such a special occasion!!

dsc04722

 

 

-世界の今と日本