松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS 世界の今と日本

【サウジアラビアの異様な建国記念パーティ】【The Unusual National Day Reception of Saudi Arabia】

dsc03533

9月20日にシェラトンホテルで行われたサウジアラビアの建国記念パーティは、表面上は華やかだったが、大使のスピーチはかなり異様なものだった。

(English follows after Japanese)

 

大使は、サウド家によって建国された、「サウジアラビア建国86周年」を祝う言葉のあとに、石油依存から脱出するための経済改革計画「ヴィジョン2030」の発表。

ここまでは普通だ。

しかし大使のスピーチの後半は、すべてテロに対する非難に割かれた。

いわく、

「サウジは、いかなるテロも許さない。」
「サウジは、テロと戦っている。」
「一部のメディアは、嘘の情報を使って、サウジのイエメンでの行為を誤って伝えている。」
「サウジはイエメンの独立と主権を支持している。」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-29-22-01-52

建国祝賀の記念スピーチ自体が、あたかも、国際社会からの非難への「弁明」に終始した感があった。

 

このスピーチは、今、サウジアラビアが国際社会の中で、どれほど苦境に立たされているかを象徴するものだ。

サウジ王家が奨励する「ワファビズム」というイスラム教の中でも特に厳格な考え方が、地球規模で、イスラム過激主義者を生み出す温床になっているという非難が国際世論にある。

イエメンへの軍事介入と市民への無差別爆撃もまた、大きな非難にさらされている。

 

実は、先週9月28日、アメリカの上院は、オバマ大統領の拒否権をオーバーライドして、9.11同時多発テロの被害者の遺族に、国家としてのサウジへの訴訟を認める法律を通した。97対1である。

すぐに、下院もそれに続いた。

実は、すでにアメリカ国内には、2000を超える遺族がサウジ国家への訴追を巡って控訴中であり、この法律はそういう訴訟の道を開くことになる。

この背景には、アメリカ下院での審問の中で、数人のサウジ政府関係者が、アル・カイーダによる同時多発テロの実行犯への協力をしたのではないか、という疑念が表明されており、先日公開された書類の中に、そういう部分があることが見つかった。しかし、これまで物的証拠は何も発見されていない。

両政府は公式には、サウジアラビアの政府関係者の2001年の同時多発テロへの関与を否定している。

 

アメリカでこの法律が通ったことに対し、サウジ政府は正式には反応していないが、金融筋からは、サウジ政府や王族がアメリカの銀行に保管してある資産の引き出しや米国債の放出などを示唆する発言も飛び出している。

王族がアメリカ国内に保有している財産は、数兆円を優に超える。最も裕福な王子は、一人で3兆円ほどの財産を持っていると、2015年のフォーブズ誌は見積もっている。

サウジの中央銀行が保有する米国債だけでもおよそ17兆円にも上る、と言われている。これでは、一種の脅しにも取れる。

 

長年、サウジアラビアは、アメリカとの共同歩調をとり、西側の国と協力してきた国であり、その関係の異変もまた、今後、世界の勢力図を変えていく大きな要素になる。

サウジは、大反対のロビー活動を行ったにもかかわらず、2015年、アメリカなど主要6カ国がイランとの「核兵器開発を遅らせる合意」を行ったことに反発し、以降アメリカとの関係がギクシャクし始めている。

 

 

サウジの経済情勢も厳しく、この国家的祝祭の数日後に発表された法律で、公務員のボーナスは、全額カット。大臣たちの給与も20%カットされる。

何しろ、働いている国民の3分の2が公務員というお国柄なので、その影響は大きい。

この数年、石油の価格低迷で、国家財政の赤字が続き、外貨準備を切り崩し、金融機関からの借り入れも行っている。今年の予算も GNP比で、13%の赤字になると予測されている。

15000人を超えると言われる王族だけが、贅沢をしているのではないか、という不満も国内で上がっている。

OPECによる原油供給量削減の合意もほとんど実があるものにはならなかった。今後、すぐに原油価格が上がるとは考えにくい。

dsc03523

第2皇太子主導の「ビジョン2013」という経済改革の行方も大方の専門家からは危ぶまれている。成功の可能性は決して高くない。

何より、石油に頼る国政を続けてきたために、有能な人材が国内に育っていないことが痛い。

 

さらに、シーア派の大国イランとの確執は激化する一方だ。

どちらを向いても石油大国サウジアラビアの抱える苦悩は大きい。

 

このレセプションに集った可愛らしい「未来のサウジのレディたち」には、自由と基本的人権、そして経済の安定を享受して欲しいと願うが、それが叶えられるのは一体いつになるのだろう。ワファビズムの元では、女性の地位は低く、国内の旅行すら、夫のサインのある許可証がなければできない。女性が自動車を運転してはならない、という法律があるのはサウジくらいのものだ。姦通罪には、死ぬまで石を投げられる石打ちの刑すら適用される。彼女たちが自由で豊かな人生を送れる社会が近く実現する見通しは、残念ながら、ほとんどない。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-29-22-02-37

まさに、去年までのサウジのパーティとは異なる、世界の急激な動きを感じさせるレセプション・パーティだった。病気を押して参加して、本当に良かった。

国際世論から、「世界にテロを輸出している」という非難を受け、経済的にも逼迫してきている石油大国サウジアラビアの現状を、この目で、この耳で、垣間見ることができたと思う。

 


 

dsc03513

【The unusual National Day Reception of Saudi Arabia】

 

The national day reception of the Kingdom of Saudi Arabia held at the Sheraton Hotel on the 20th of September was flashy but rather unusual.

The ambassador celebrated the 86th anniversary of the Kingdom established by the House of Saudi and announced the “Vision 2030”, the economic reform plan of the oil-dependent economy.

The later part of the speech, however, sounded like whole excuses of the Kingdom being accused as the exporter of terror in the international arena. The ambassador asserted that Saudi was against any kind of terrorism and was fighting against such extremists’ activities. He also justified the kingdom’s actions in Yemen.

dsc03516

The speech symbolized how difficult the environments around Saudi Arabia are now.

There are some criticisms that the Wahhabist doctrine, which Saudi Arabia actively is exporting provides a bedrock to the ideology behind the extremists in the world.

Many are accusing Riyadh of its indifferent bombardments in Yemen.

 

The Senate of the US passed the bill to allow the victims’ families of the 9.11 attacks to file the suit against the kingdom overriding the veto of the president Obama. The votes were 97 versus 1 last week. And the Congress followed the case on Wednesday too. The law will pave the way for the families to sue Saudi Arabia for alleged complicity in 9.11.

There are more than 2000 family members the victims are waiting for the move.

 

The suspicions about the role of several Saudi officials, who might have supported the al-Qaeda terrorists who carried out the 9.11 attacks were found in the report of the released congressional inquiry. But there is no hard evidence found.

Riyadh has not responded officially. But some bankers managing Saudi money suggested the Saudi government and Saudi royal family keep hundreds of billions of dollars with America-based banks. He pointed that those assets could be the targets of responding actions.

The wealth of the royal family kept in the US is said more than hundred of billions. The Forbs in 2015 estimated the wealth of one of the wealthiest prince worth of US $ 28 billion.

For example, they say only the Saudi central bank holds an estimated $170bn in US treasury bills.

These words almost sound like threatenings.

 

The deteriorated relationship between the US and Saudi, which has cooperated well until recently is one of the biggest factors, which are changing the world power shift.

The relationship became worse after the nuclear agreement between the worlds powers and Iran in 2015. Riyadh has lobbied against the agreement badly.

 

The financial crisis is serious and the government announced the cut of the public sector bonuses a few days after this country’s national day celebrations. The royal decree ordered ministerial salaries to be reduced by 20 per cent. Because about two-third of working nationals are in the public sector, the impact would be huge.

Riyadh has been burning through its foreign reserves and borrowing from local financial institutions to cover the financial deficit.

The budget in 2016 is estimated to result with deficit of 13 per cent of gross domestic product.

Some started to suspect that only the royal family are enjoying the luxurious lives.

The recent agreement to cut the production of the oil in OPEC could not be called “very successful”. The price of the oil would not be expected to surge so soon.

Many specialists have doubt that the “Vision 2013” would be a big success either. The fatal factor is that there are not many able and skilled human resources in the oil dependent kingdom after easy time with the oil money.

The feud between the Sunni kingdom and Shias Iran has been aggravated.

 

Saudi Arabia faces difficulties in many prospects.

 

Although I wish all these pretty young ladies from the kingdom would enjoy the freedom, human rights and prosperity, perspective is not so bright.

In Wahhabism, women are not equal and they cannot travel even to the neighboring city without the permission of the husband. I do not know any other country prohibits women from driving by law. If the women are suspected for adultery, she could receive punishment of the death by stoning.

The new society in which these girls could enjoy  freedom, human rights and economic independence would not come so easily.

 

I am glad to attend the reception to see and feel what was going on in this party despite of my physical condition on the day, because the party was showing what kind of surroundings the Kingdom of Saudi Arabia is facing today very clearly.

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-02-18-30-48

 

-NEWS, 世界の今と日本