松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS 世界の今と日本

ワールド・トレードセンター、グラウンド・ゼロに立って【Standing at the World Trade center---the Ground Zero】

22001年9月11日。(English follows)

ハイジャックされた2機の飛行機がニューヨークのワールド・トレード・センターの二つのビルに突っ込んだ。

8時46分、一機がノース・タワーに突っ込み、17分後、9時3分に別の一機がサウス・タワーに突っ込んだ。

約56分後、サウス・タワーが崩壊し、約102分、炎上した後、10時28分ノース・タワーも崩壊した。破片や炎が、第7ワールド・センター・ビルに降りかかった。17:21分には、第7ワールド・トレード・センタービルも崩壊。炎と煙があたり一帯を覆う中で、2749人の犠牲者が亡くなった。

 

「あの日」から、15年たった。

しかし、世界は二度と「あの日」以前に戻ることはないだろう。

 

ブッシュ大統領は、非常事態宣言を行い、「テロとの戦争」を断行すると宣言した。

その後、アメリカ政府は捜査の結果から、テロリスト・グループ、アル・カイーダの犯行と断定し、オサマ・ビンラディンの引き渡し要求を拒否したタリバーン政権・アフガニスタン攻撃に突き進むことになった。

20

 

そうして、今や、「テロ」という言葉が世界中の人々にとって身近なものになってしまった。

私の携帯電話には、毎日のように世界中のどこかで—−−−−イスラエルで、トルコで、タイで、フランスで、ベルギーで、ドイツで—−−−−テロによって人々の命が失われたというニュースが入ってくる。

 

2011年9月11日の同時多発テロでは、合わせて3000人近い人が亡くなった。正確な数は未だ、把握されていない。救助に当たった方に高い確率でガンなどが発生しているからだ。

1

ミッドタウンから「グラウンド・ゼロ」を目指すとまず、美しく青い光を反射する「第1ワールド・トレード・センター」、通称「フリーダム・タワー(自由の塔)」が見えてくる。

2013年にようやく再建された最初のビルだ。

 

そして、白い不思議な形の建物。これは遠くから見ると、まるで、平和の象徴「白い鳩」のようにも見える。

5

 

そして、このテロで亡くなった人々の名前を刻む祈念モニュメントが見えてくる。

私たちはその石に触れながら、犠牲者のために祈る。

市民、消防、警察官、軍人、2500人を超える様々な名前が彫られたモニュメントは四角いプールのような形をしていて、四方から流れ落ちる水が中央の黒い闇の中に吸い込まれるように落ちていく。その闇の深さは計り知ることができない。まるで、このテロが引き起こした闇の深さが計り知ることができないことを象徴するかのように。

7

 

名前はアルファベット順には彫られていない。あの日の破壊の混沌を象徴するかのように。

だから、犠牲者の家族や故人の友人はすべての名前を見ることになる。愛する人の名前を探しながら。

8

 

二つの祈念モニュメントの間にはミュージアムが作られ、あの日の惨状を伝え続ける。

多くの遺族や友人、そして観光客も訪れ、「記念品」を売る店も出るようになった。

 

実は、この「跡地」の再建は難航を極めた。

そのままにして欲しいと望む遺族の声や、商業地として使いたい関係者、安全を図らなければならない、消防、警察当局。

ようやく2005年に最終案が認可されたが、建設が始まったのは2006年。そして、2013年に完成した第1ワールド・トレードセンターは、尖塔も含めて1776フィートの、西半球で一番高いビルとなった。

マンハッタンの象徴だったエンパイヤ・ステートビルの高さをも超えた。

(1776フィートと言うのは、アメリカが独立宣言をした1776年にちなんでいる。)

 

 

実は、幾つかのビルはまだ工事中だ。2008年のリーマンショックによる景気の低迷で、工事が大幅に遅れ、延期され、2020年完成予定になった。

 

しかしなお、工事現場には雄々しく星条旗が翻っている。

アメリカは様々な問題を抱えながらも驚異的な力で復興を続けている。

17

 

9月末には利上げの観測が流れている。

これは、Brexitにもかかわらず、アメリカ経済が強い勢いを持っているということだ。

 

 

 

今回マンハッタンを訪れたのは、実は21年ぶりなのだが、様々な場所で、アメリカの底力を見せつけられた思いだ。

夜中にブロードウエイから、ミッドタウンのホテルまで歩いてもなんの不安も感じないほど、通りは様々な国籍のカップルや家族で溢れかえっていた。

 

街のあちらこちらのビルに星条旗が翻っている。

最初はレイバー・デイの祝日のためかと思ったが、聞いてみたら、「私たちのビルでは常に国旗を掲げています。」という答えが返ってきた。

18

確かに、アメリカの一極・覇権時代は終わりつつあるかもしれない。

アメリカの国家情報会議が2012年に公表した文書、「グローバル・トレンド2030」では、アメリカは、2030年には、 “ the first among the equals ” (同輩中の首席)になるだろうと予測されている。

 

それでも、この国の潜在力の大きさは驚異に値する。

たとえ、「同輩」が幾つか出てきたとしてもこの国はかなりの間、同輩の中でのリーダーとしての力を保ち続けるだろう。

19

 

その国を率いるトップ、大統領選は、後2ヶ月後に迫っている。

様々な感慨を感じるNY滞在になった。

 


【Standing at the World Trade Center---At Ground Zero】

4

It took place on September 11 in 2001. Two hijacked airplanes crashed into the twin towers of the World Trade Center.

 

At 8:46am, 5 hijackers crashed an American Airlines flight into the North Tower. 17 minutes later, at 9:03am, a second group of terrorists crashed the hijacked United Airlines Flight 175 into the South Tower.

By 9:59am, the South Tower collapsed after burning for approximately 56 minutes. After burning for 102 minutes, the North Tower collapsed due to structural failure at 10:28 a.m. When the North Tower collapsed, debris fell on the nearby 7 World Trade Center, damaging it and starting fires. The fires burned for hours, compromising the building's structural integrity. Seven World Trade Center collapsed at 5:21 p.m.

 

Around 2,750 people were killed in the fire and smoke.

 

It has been 15 years since the tragedy.

 

The world will never be the same as the world before that day.

Then president Bush declared the state of emergency and launched the War on Terror. The government, which did a thorough investigation declared the attacks were planned and carried out by the terror group al-Qaeda, and later invaded Afghanistan to deny al-Quaeda its safe haven with the Taliban in that country.

16

And now the term “ terror attack ” has become familiar to people all over the globe. Almost every day, some news of a terror attack somewhere--- in Israel, Turkey, Thailand, France, Belgium, and even Germany pop up on my mobile.

The attacks on the day killed around 3000 people.

We don’t know the exact number yet, because many people who helped the people at ground zero are suffering from related diseases like cancers at high rates.

 

When I walked to the ground zero earlier this week, I saw a tall tower shining in blue. It was the One Trade Center Building, the first building rebuilt on the ground. They also call it as “Freedom Tower”.

 

Then the white structure came into my sight. It was like the shape of a white dove, which is the symbol of Peace.

14

Then I touched the memorial monument, where we pray for the victims.

It looked like a huge pool, with every victim’s names inscribed into the metal ledge that surrounds it. The water from the walls runs down into the pool as large as half a city block, and then the water falls further into the dark square in the center, which does not reveal how deep it descends. As if to say that the act that caused these deaths descends all the way to some black hell deep within the earth.

 

The names of the victims are not placed alphabetically, so that all the families experience a little taste of the chaos of the destruction, and the friends must look at and consider all of the names in the hunt for their loved ones inscription…

 

There was a museum, which tells about the tragedy.

Families, friends and visitors from many countries are visiting.

I found a shop, which sells memorial goods too.

 

The One World Center had many troubles before it was completed in 2013.

Its height of 1776 feet is from the year of the Declaration of Independence.

In 2013, the building surpassed the Empire State Building, which had been the symbol of Manhattan.

 

Although the construction has been delayed because of the Stock market crash in 2008, the Stars and Stripes was fluttering with the pride.

The US has come back with amazing energy since then.

 

We hear of the likelihood of an interest rate rise at the end of September.

It means that the economy of the United States is still strong, even after the Brexit.

 

This is the first visit to Manhattan in these 21 years. And I witnessed the potential power of the country.

11

And I saw many Stars and Stripes fluttering in the city.

 

The visit to the US made me think that the power of America is still there.

Although the “ Global Trend 2030 ” published in 2012 was expecting that the US would be “ the first among Equals ” in 2030.

Some say the Supremacy of the US is now ending.

However, the potential power of this nation state is still amazing.

Even if it becomes the first among equals, its leadership will be strong.

 

The presidential election of this Super Power is coming in two months.

The trip to NY gave me many perspectives again.

 

-NEWS, 世界の今と日本