松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

世界の今と日本

【彼を知り、己を知れば百戦危うからず】【Know yourself as well as your enemy】

2016/08/12

スクリーンショット 2016-08-07 8.50.45

 

【彼を知り、己を知れば百戦危うからず】

この孫子の言葉は、日常よく使われる。(English follows)
この言葉が、「絶対に間違っている」、という日本人は極めて少ないと思う。
では、日本人は、それを自分できちんと行っているのか?

「彼を知り、己を知れば・・・」という言葉は、裏を返せば、「彼」、つまり「敵」を知らなければ、己がどれだけ鍛錬しても勝てない、ということだ。

日本人は、今、世界で起きていることを本当に知っているのか?
「知ることは力」だ。
「考えることは力」だ。

相手を知り(あるいは問題を正確に把握し)、己を知るーーーつまり、自己を分析して、相手との関係を考えるーーーそうすれば、百戦危うからずーーー常に問題を解決する道が見えてくる。戦いにも勝つ。

知らなければ、問題は解決できない。知らなければ、戦いには勝てない。

今の日本のメディアは「国民に知るべきことを知らせる」という本当の役割をしっかりと果たしているのか?

日本人は、本当に考えているのか?
日本の報道と、今、外国に住んで目の当たりにしている世界の報道を見比べながら、私は問いたい。

「あなたは本当に知ろうとしていますか?」

「あなたは本当に、真剣に考えていますか?」

 

オリンピックの輝かしいニュースの陰に隠れてひっそりと報じられた。
東シナ海、尖閣諸島の接続水域に、中国の海警局の公船が侵入した。公船、ということは政府が派遣した船という意味だ。
そのうち3隻には機関銃のような武器が搭載されているという。

また、その周辺に230隻の漁船が集まり、日本の接続水域に侵入している。

このニュースの意味を「中国政府が、意図的に、武器を搭載した政府の船7隻と、政府が招集した漁船230隻を日本の接続水域ーー(日本が領土・了解の安全を確保するために抛令違反の防止・処罰をする権利が国際法上認められている水域)に、侵入させている事実の意味、重さ」を真剣に考えてみてほしい。

おそらく、今、オリンピックのニュースで、陰に隠れるだろうことは計算済みだ。

騒がれないように、しかし、確実に「既成事実」を積み重ねていく手法は、すでに南シナ海で現実化している。

フィリピンが、ベトナムが、目と鼻の先で、岩の上に人工島を作り、軍事基地を作った中国の行為を止めることはできなかった。

一度、「既成事実」となってしまったことをまっさらに戻すことは非常に難しい。
私たちは、フィリピンやベトナムと同じ轍を踏むのか?

それで良いのか?

 

最後に、尊敬してやまない谷川俊太郎氏の「生きる」という詩の一部を紹介してこの記事を終わりたい。

「生きるということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして
隠された悪を注意深く拒むこと」

 

【Know yourself as well as your enemy 】

Sun Tzu's words in The Art of War are often used in everyday life in Japan.

I believe very few Japanese would deny this mindset is essential to achieve success in any competitive endeavor.

It means if you know about the enemy very well, and you know about yourself just as well, you stand a chance to win.

Conversely, if you are ignorant about your enemy, and your own strengths and weaknesses, you stand very little chance to win the strategic competition.

In other words, the degree to which one studies and prepares, determines the outcome.
We all have responsibility in whether we, or our nations, win or lose.

Do many of Japanese really know about what is happening in the world?

KNOWING is Power.

THINKING is Power.

STRATEGIC ASSESSMENT is Power.

If you learn about the enemy or the problem, and you assess yourself honestly ---- and you consider the relationship between the two--- you are much more likely to win the games, and wars, or solve the problems.

If you don’t do so, you will not solve the problems, nor win the war.

I strongly doubt that the mass media in Japan is really doing their duty.
I strongly doubt that the Japanese people----that each Japanese citizen is thinking seriously enough about what is happening in the world today.

Observing both the news carried in Japan and the news carried in the world, I want to ask each Japanese person,
“ Do you know what is happening in the world?”, and ,
” Are you thinking about the problems seriously enough?”

The important international news stories were carried rather quietly in the shadow of the shining news of the Olympic games.

Seven Chinese Official ships, of which three are warships equipped with advanced weapons, invaded the Japanese Contiguous zone ( CZ ) around Senkaku islands in the East China Sea.
They were also accompanied with 230 fishing ships.

Do the Japanese people realize the significant meaning of these behaviors?

China has created man-made islands under the nose of the Philippines and Vietnam avoiding any serious response in the South China Sea.

The timing is obviously calculated in this case.
The Chinese knew the news of the Olympic games would lessen the media coverage in Japan, and in other concerned nations.

Should we overlook this event and follow the path of the ASEAN countries?

Why should not we start thinking about the changing world environment now, seriously before we wake up one day, and ask,

'Why didn't we assess this adversary, and ourselves, when there was still time to avoid defeat?

-世界の今と日本