松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

NEWS 世界の今と日本

投票後に「騙された」と言っても遅い。イギリスの混乱に学ぶ (English follows)

2016/07/12

投票

ポーランドにて在外投票を済ませた。(English follows)

どんな「良いこと」を言っていても、足元の小さな行動をしなければ意味がないと思うから。「票集めのために綺麗事」をいうポピュリストには政治を任せたくないから。

たった1票しか持ってはいないけれど、この1票は「これをやったら、今は、国民の反感を買う」と分かっていても10年、いえ、100年後の日本の未来を考えて「今、やらなければならないこと」をしっかりやってくれるような人に、入れたいと思う。

100年後、歴史が、何が正しい選択だったか教えてくれるはず。

Brexitのあと、イギリスでは、政治が大混乱に陥っている。
なぜなら、保守党を真っ二つに割って「離脱」派を率いてきた元ロンドン市長、ジョンソン氏が、党首選へ出ないことを突然表明したからだ。
今や、辞任するキャメロン首相の後任をめぐって、保守党内で熾烈な権力争いが続いている。
Brexit派を率いてきたジョンソン氏は、キャメロン首相が辞任表明してから、当然次の首相になると考えられていた。

世論調査では、他を引き離して断然強い首相候補。「次の首相に選びたい人」を聞いた調査で、彼の支持は、38%、キャメロン氏はわずか、12%。
しかし彼は、断念。
新聞では彼の盟友だったゴブ氏が裏切ったため、という報道が目立つが、私にとっては、彼の立候補断念は、当然に思えた。

彼は、「離脱を決定したら、『 EUの単一市場へのアクセス』は今までどおり維持しつつ、 『EU圏からの移民はコントロール』しよう!イギリス人の職を守るのだ!!」と国民に説いていたのだ。
それは、何の根拠もない「おとぎ話」だった。
離脱決定直後から、EUの首脳たちは口を揃えて、「そんな、いいとこ取りはできない。市場へのアクセスと EU内の人の移動の自由は、セットなのだから、両方を受け入れるか、両方を断念するかしかない」と断言してきた。

彼が、いかにいい加減な発言で国民を惑わし、『離脱』へと駆り立ててきたか、その時点ではっきりした。
この段階で、彼の首相への道は閉ざされたと私は思っている。

しかしすでに、保守党内の分裂は修復不可能なほどに悪化しており、労働党も分裂状態。この政治の混乱が、イギリスへの信用をさらに損なっている。
政治の不透明さは、イギリスの格付けを下押しし、国の信用度が落ちることで、経済へのさらなる打撃となっている。

責任を持たず、「素晴らしい未来!」を語るのはたやすい。
外野にいて、他人を避難するだけなら、いとも簡単だ。

しかし、実際に国の政策を担う政治家には、「長期的なビジョン」と「現実に即したプラクティカル(実務的な)な対応」が不可欠なのだ。
全てが「綺麗事の夢物語のような政策」が、日々の現実で通用するはずがない。
現実の政治の中では、「痛みを伴う」判断もしなければならない。

誰だって、増税なんかしたくない。福祉は手厚くしたい。少子化の日本で、子ども手当だって出したほうが国民受けは良いに決まっている。
しかし、税収が限られているときに、減税をし、福祉を手厚くしたら、どうなるのか? ギリシヤの経済破綻に至ったような無責任な政策を一時の「人気取り」のためにやっていいのか?

耳にあたりの良い「選挙演説」を聞いて、投票して、後から「騙された」と言っても遅い。

「離脱」に投票したイギリス人が、「え?EUのマーケットへのアクセスを失うの?話が違う!!」「それなら、投票やり直したい」と言っても無理なのだ。

だから、きちんと自分で、「この人の言っていることは実現可能なのか?」「これは、日本の将来にとって、良いことなのか?」とじっくり考えてから投票してほしい。

Brexitでは、結果が出てから、「こんな結果になるなら、自分も投票すればよかった」と嘆く声も聞かれた。それも虚しい。
与えられたチャンスは一度しかない。

じっくり候補者の主張を聞いて、党の方針を聞いて、誰に自分の未来を託すのかよく考えて、投票してほしい。

5月に行われたオーストリアの大統領選挙では、あまりにも得票数が近くて、結局、海外からの在外投票のカウントを待って、1日遅れで結果が発表された。(つい先日、票の数え方に瑕疵があったとした裁判所が、再選挙を通告したが。)

つまり、1票が結果を分けることもある。

どうか、正しい選択をするために、より良い未来を託すために、投票所へ足を運んでほしい。それが、あなたの、あるいはあなたの子供達の未来につながるのだから。

ワルシャワ


 

I have voted to the Japanese Upper House’s election in July from Poland.

I believe we must continue doing very small things in the everyday life to make the world better. And I do not want any populist who would talk “beautiful fairy tale” to take the seat in the Diet.

I only have one vote. But I make sure that I will vote for some statesman who would do the right thing for the people in the perspective of 100 years, even though the policy could advocate people at the time. The history would judge what was right after 100 years time.

After the shocking OUT vote of the referendum, the political arena in the UK is in turmoil.
Boris Johnson, the former mayor of London announced that he would not run for the leadership campaign.
Since then, the heated naked struggle for power has begun in the Conservative party.

Mr. Johnson had presided over the Leave campaign, and was seen as the first candidate to take over the place for the PM Cameron.
A poll showed the outstanding support for Mr. Johnson by a wide margin, 38% of respondents compared with 18% for the Labour Party leader, Mr. Corbyn and just 12 % for the then-prim minister Mr. Cameron.
He, however, must have give up his ambition.
Many articles suggest it was because the betrayal of his partner Mr. Gov, who is now running for the leadership for himself.

It, however, was not any surprise for me.
Mr. Johnson had lead the Leave campaign asserting, “ We will take back the jobs and control for British people. We will regulate the free immigration of the people from other member countries of the EU while we keep the access to the single market!! ”.
His speeches were “ just a beautiful fairy tale” without no grounds.
Right after the OUT vote of the UK, all European leaders made it very clear that “ the UK cannot do the cherry-picking. Access to the single market and the freedom of people’s movement are one set. The UK must choose to accept both or reject both”.

This was the evidence he agitated the people with his irresponsible assertion to vote “OUT”.

When it was so clear, I believed that he would not realize his political ambition.

The worst things are that the Conservative Party was already sprit while the Labour Party started civil war inside. This unprecedented political turmoil in the UK is hurting the trust to the UK more. This political uncertainty pushed down the credibility of the UK and would harm its economy more.

It is easy to talk “ a beautiful fairy tale ” about the future without responsibility.
It is very easy to attack the government from outside.

It is, however, indispensable to have not only “ the clear vision” but also “the practical decision-making along the complicated realities” to govern the country.
We are not living in dreams.
We sometimes must make the decision, which would accompany with pain.

No politician wants to raise the tax, because the people do not like it. Every politician would love to spend more for the welfare. It is a tempting idea to give cashes to the mothers who have 2nd children when Japan is suffering from the low late of birth.
What, however, would happen when we cut the tax and spend more money for the welfare, while we cannot find any new source of income.
Do we want to follow the path of Greece, which has been in painful financial trouble for many years?

It is no use saying, “ I am deceived!! ” after voting because of sweet fairy tale –like speech.
In the UK, there are many voters regret their vote. “ Are we losing the access to the single market? They did not tell us so.” “ I want to redone it!”

So, please vote after you think whether the policy, which is suggested by candidates or the party would be achievable, and would make Japan better in the future. We should not be short- sighted.

As I wrote, there are many people those who did not go to vote in the UK for the referendum are now wishing they should have voted. But It is too late. You have only one chance.

You must listen to the assertions of the candidates and decide to whom you want give the vote to make your future better.

In the Austrian election for presidency in May the votes sent from abroad decided the results hours after finishing the domestic voting because the domestic votes were too close to decide the result. ( the presidency election will be redone after the court’s decision )

 

Some times one vote you have could make difference.
Please go to vote to make sure you and Japan as a nation state would have better future.

-NEWS, 世界の今と日本