松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

世界の今と日本

ロシアの脅威から見たEUレファレンダム

2016/07/12

 

これまで理詰めで経済的損失をアピールしてきたキャメロン首相が「感情」にアピールし始めた。

「2度と帰れぬルビコン川を渡ってもいいのか?子供も孫も、その混乱の世界で生きることになる!」根強く離脱の意志を変えない高齢者に向けての発信だ。「今、離脱を選択したら、もう元に戻ることはできない!!」

一方、若者たちの大半は「残留支持」。彼らに昔の大英帝国の夢に浸っている余裕はない。彼らは、「現実」と「未来」を生きるしかないのだから。(English follows)

若者たちの大半は「残留支持」。

今回の投票が買えるのは経済だけではない。ヨーロッパの安全保障もがかかっているのだ。 EUがまとまっていたからこそ、クリミアに侵攻したロシアに共同でサンクション(経済制裁)をかけることができた。

もしイギリスを失い、オランダなどのレファレンダムが続いたら・・・。

片肺のEUは果たして、ヨーロッパの安全を守れるのか?7月初めにはポーランドで NATOの首脳会議が行われる。今、ヨーロッパではアグレッシブになったロシアの脅威がひしひしと肌身に感じられる。

私は今、ポーランドというロシアの隣国にいて、いかにヨーロッパが一つにまとまっていることが大事かを感じるからこそ、心から祈る。「我々はEUの中にいるからこそ、 EUの改革を行えるのだ」というキャメロン首相の言葉が、より多くの人々の耳に届くことを。

 

The PM Cameron, who used to emphasis the economic demerit shifted his approach. Now he is appealing to the emotions of elder people, who showed their consistent support to the Leave camp. Are you going to cross the Rubicon? You cannot come back. Your children and grandchildren must live in the turmoil after the “OUT”.

Most of young ones support the “Remain”, because they cannot afford to indulge in the dream of the British Empire. They have to line “Now” and the “Future”.

 

The vote will not only change the economies but also the security in whole Europe. Because of the integrated EU, they could impose the sanction on Russia when it invaded to Crimea. If Brexsit happens, and other countries such as Netherland follow it’s pass, could the EU, which must fly with only one wing, keep peace in Europe?

Since I live in Poland, which is the neighbor country of Russia, I can feel the tense in this region. We are exposed to such an increased tension with more aggressive Russia today.

I do hope the words of Cameron, “We are the reformers. Reform ends when we leave, not just for us but also our friends in Europe who want our voice heard in Europe” would be heard by the British now.

DSC03028

-世界の今と日本