松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

世界の今と日本

EU離脱とユーロスケプティズム

2016/07/12

23日のイギリスのEU離脱をめぐるリファレンダム(国民投票)が、世界中のマーケットを揺るがしている。(English follows)
これらの裏にはイギリス国民の「ブリュッセルの官僚に従わなければならなかった不満」、そして、「強すぎるドイツへの反感」がある。「大英帝国」の歴史と誇りを持つイギリス人の中に「敗戦国ドイツ」が牛耳っているかのように見える「ヨーロッパ」の一員であることの屈辱感がチラリと見える。

離脱派の英国民は、「政策の決定権を自分たちで取り戻そう!」
「もう、 EUの官僚たちに自国の政策を委ねるのはやめよう!」と叫んでいる。離脱派の一番大きなユーは訴えは「ユーロスケプティズム」と呼ばれる、 EUの高級官僚たちへの不信感なのだ。 そして今、その離脱派がどんどん勢いを増している。

「民族としてのアイデンティティー」「英国としての主権」「移民問題」そして、「EUとしての経済統合」が争点だ。

しかし、万一「離脱」となると、日本への影響も大きい。
世界の金融市場が「不確実性」という大きな雲に覆われつつある今、当然世界の資金は、比較的安全とされる、円、ドル、そして金に向かっている。
円はすでに上がっているが、23日、もし離脱が決まったら、さらに、かつ長期的に円高になる。そうすると輸出をメインとする企業にとっては大きな痛手となり、株価が下がる。
日本が長い間苦しみ、2%のインフレ目標まで設定して抜け出そうとしてきたデフレーションの危機が高まってしまう。輸入するものの価格が下がるからだ。

英国経済も、失業率が上がり、ポンドは下落し、 GDPが落ち込み、景気後退(リセッション)に陥る。EUの中でも英国との貿易額の大きいアイルランド、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグなどの国々への打撃は、大変なものになるだろう。

経済面だけではなく、政治面でもEU全体の枠組みがガタガタになる。イギリス国内では、保守党の分断で、キャメロン首相の政治生命は絶たれるかもしれない。前ロンドン市長で、首相の座を狙う保守党のボリス・ジョンソンとの確執はすでに危険な水域まで高まっている。残留派の国会議員、ジョー・コックス氏殺害もまた、新たなワイルド・カードになってしまった。たとえ、どちらに決まってもこの亀裂は禍根を残す。

そして、一番怖いのが各国で、「プロテクショニズム」が高まっていくことだ。
EUへの不信感が高まりつつあるヨーロッパの他の国々で、さらに、「反EU」、「反移民」を掲げる右派政党の力が強まることが懸念される。彼らの主張は、感情的な「ナショナリズム(国粋主義)」に訴えるもので、ヨーロッパの国々は、恐ろしいほどの勢いで、どんどん内向きになりつつある。
また、アメリカのトランプ氏が、ここまで人気を得てきたのもアメリカ国民の「国内の利益だけを追求しよう!」という彼の政策に共感するアメリカ国民がいかに増えているかを示している。アメリカが内向きになることによる危険は計り知れない。

「プロテクショニズム」は、また、ここまで育ってきた「世界経済(グロバル・マーケット)」を破壊していくベクトルだ。

1929年の世界恐慌の後、各国がこの「プロテクショニズム」に向かった結果、第2次世界大戦が起こってしまった歴史を思い出して欲しい。
EUが果たしてきた役割の中に、「2度とヨーロッパで大きな戦争は起こさない。そのために互いの経済の絆を強めるのだ」という大きな柱がある。事実、ECからEUに進化する中で、ヨーロッパで大きな戦争は起こらなかった。「不戦」の目標は、現在まで達成されてきたのだ。

しかしイギリスが離脱するとなると、 EUは今後、「各国でのユーロスケプティズム(EU不信)の高まり」、「ナショナリズム、プロテクショニズムの台頭」、「ギリシャの経済危機の再燃」、「高まるロシアとの対立」、「移民問題」に直面することになる。フランスでのEU支持率はすでに38%にまで落ち込んでいる。スペインでも47%だ。

イギリスが抜けたEUが、これらの緊急の問題に機能的に対処できるのだろうか?
私には、「離脱」の先には、「ヨーロッパ全体が沈む」という暗い将来しか見えないのだが・・・。

The UK’s possible exit from the EU has been shaking the financial markets in the world.
The Leave campaigners are screaming, “Get back the Great
Britain”, and “Retrieve our sovereignty from the bureaucrats of the EU in
Brussels” The main pillar of the appeals of the Leave camp is “Euroscepticism”. They are gaining the significant lead recently.
The main points of the vote would be “ national identity”, “sovereignty”, “immigration problem”, and “ economic integration”.
There are sentiment against Brussels’s dictatorship and German-domination. I can sense the pride of the British and strong feelings of anti-Europe, which is led by Germany, who lost the war.

The impact of Brexit to the Japanese economy would be significant.
The global financial markets, which are now overshadowed with “uncertainty” are moving toward relatively safe currencies, the US-dollar and the yen and the safe asset, gold.
The yen has surged already, it, however, would rise more and in the long term, if the UK votes to leave. Too strong yen would hamper Japanese exporters badly. And their share would fall.
The fearful deflation, which Japan has had fought for almost too decades and finally became able to see the hope to overcome after even setting 2% inflation target would be coming back. For the cost of the imported commodities will fall.

The British economy would suffer with higher unemployment rate, the currency would nosedive and gross domestic product would fall. It could even face to the long recession. The EU members, such as Ireland, Netherland, Malta, Cyprus, Luxembourg and Belgium that had close links with the UK in trade and finance would be the worst hit by Brexit.

Whole EU countries would face not only economic but also political turmoil. In the UK, the prime minister Cameron could lose his political future. The conflict between Cameron and the former mayor of London, Mr. Boris Johnson has already grown to the dangerous level. The Conservative party could be sprit. The terrible murder of Ms. Jo Cox in the Remain Camp is now a wild card in the campaign. Either way the Britain votes, the damage is done already.

On top of those, the worst fear is the rise of the “Protectionist sentiment” all over the world.
The right wing parties asserting “anti-EU” and “anti-migrants” are gaining power in Europe. Brexit would fuel to Eurosceptic feelings. They tend to stimulate Nationalism and they are turning many European countries inward.
The rise of Mr. Trump is the evidence that many of American citizens started to sympathize with his policies to seek only domestic interests too. The danger of the US going back to the “isolationism” is too serious to the modern international relations.

“ Protectionism” would harm the globalized economy significantly.
I hope you would reflect the situation when the world moved towards to the 2nd World War. There was a hysterical protectionism shadowing all over the world.
One of the most important achievements of the EU is preventing the war in Europe. That was the fruit of decades-long effort for integration of the European countries.

The Brexit, however, would compromise this effort. If it happens, the EU would have to face all those problems such as “ rising Eurosceptic feelings”, “rise of Nationalism and Protectionism”, “rescuing Greece”, “conflict against Russian expansionism”, and “the refugee influx” without the UK. When the support to the EU is falling for example, 38 % in France, and 47 % in Spain, could the EU handle all these problems without the UK?
Unfortunately I cannot dismiss the image of sinking Europe in my perspectives when the Brexit takes place on the 23rd.

-世界の今と日本