松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

ビジネスキャリア

新しい女性がこれからのビジネス・シーンで活躍するために

2016/07/12

新しい女性がこれからのビジネス・シーンで活躍するために女性たちが、「肩に力」を入れて、男性と同様の仕事をし、男性の2倍働かなくては同格に扱われないと、髪を振り乱して頑張る時代はもう終わりました。

 

もちろん、グラス・シーリングなど女性が不利な状況は完全には、無くなってはいません。でも、これからのビジネス・シーンにおける女性たちにはもっと違う方法で、新たな道を切り開いてもらいたいのです。

女性らしさを発揮して、むしろ、それを武器にして、良い仕事をしてもらいたい、そう思います。媚びるのではなく、貴女が持っている強みを活かしてあげれば良いだけ。

 

相手がホッとするにこやかな笑顔。柔らかな仕草。気持ちの良い話し方。

全ては、世の紳士諸君より、私たちの方がうまく使えるはず。

 

例えば、問題が起こった時には「おしゃれな解決方」を提案し、「硬」より、「柔」、もしくは「軟」の在り方で、会社に新しい風を吹き込んでみませんか?

 

そして、周りから安心して頼ってもらえるリーダーに成長してください。

 

これまでの、私自身のキャリア経験の中で見てきたリーダーとしての決定の仕方、部下との接し方もまとめてみました。

また、外務省で、総括審議官、中東局長、国際情報統括官、そして、イスラエル大使、ポーランド大使として仕事を重ねてきた夫の仕事ぶりをそばで見てきた中で、私が学んだことも多々ありました。

 

リーダーになるためには、周りをよく観察すること、人の話に耳を傾けること、全体の状況を広い視野で見ることが必要です。

何か一つの視点に囚われていては全体が見えません。

 

また、自分のチームの性格を見極め、成果を客観的に判断することもできなければなりません。

 

そして、判断を下すときの「自分の中の軸」を持つと同時に、今、自分が何をやっているか、「自分の仕事ぶりを客観的に見る目」も必要です。

 

周りから信頼され、快くチームが動いてくれるリーダーになるために、貴女が何かをこのブログから学ぶことができるよう祈っています。

 

 

貴女の行動、以外に周りに見えています。

 

「ここは見られていないだろう」は禁物。

社内では、どこかで、意外な誰かがあなたのことを見ています。

親しい友人に話しただけの会話が、周りに聞こえて、悪意に取られることもあります。あるいは、思いがけなく、貴女の人格を判断するための材料にされてしまうこともあります。

実は、人はしばしば、 「見られていないだろう」と思っている時の行動で、判断されているのです。なぜなら、「見えるところ」での行動は貴女がコントロールしているかもしれない。「見えないだろう」と思っているはずのシーンでこそ「貴女の本性が現れる」と他人は考えるからです。(シグナルとノイズ)

 

他の人が知らないはずの交友関係だって、実は「人事部」の人間は知っていたりするのです。ほんの少し高いところに立つと視界が広がるように、キーパーソンとして、おおくの情報を得ることができる人は断片的な情報から大きな「絵」を想像して描くことができます。

会社の中での軽はずみな行動、交友関係、油断は禁物です。

-ビジネスキャリア