松富かおり 公式ブログ

Kaori Matsutomi Official Blog

世界の今と日本

謝罪が必要なのか?

2016/07/12

内外のメディアの中に、「オバマ大統領が謝罪しなかった」、あるいは「頭を下げなかった」と批判する向きがある。残念なことである。被爆者の多数ですら、そんなことを求めはしなかった。多くの人は、ただ、広島に行き、原爆資料館に足を運んで、あの惨劇を 声なき人々の苦しみを訴え続けている物たちをアメリカの大統領に見て欲しいと願った。私は、そんな日本人の一人であることを誇りに思う。

私たち日本人の多くは、オバマ大統領が見せた黙祷の際の真摯な表情を見、被爆者の声に耳を傾けた彼の誠実さに感謝した。私たち日本人は、一国の大統領に謝罪の言葉を強要するほど大人気ない民族ではない。私たちはその人が抱えている背景に想いを馳せる繊細さを十分に、持ち合わせている。

テレビというメディアは、長年にわたって、視聴者を騙し続けることを困難にしてきた。もし、誠実ではない人間が、常にカメラの前にさらされながら、8年もの長い間、「誠実である」という仮面をかぶり続けようとしたら、それは、不可能ではないかもしれないが、とても困難なことである。私自身の経験から、このシンプルな事実をお伝えしておきたい。
だからこそ、広島にオバマ大統領が訪れた時の一挙手、一投足、そして彼の表情に日本の人々は見入ったのである。そして、私たちの多くが、彼が広島で亡くなった全ての方々、それは朝鮮半島出身の方も、拘束されていたアメリカ人も含め—に対して、彼が誠実に向き合っていたと感じた。それで、十分だったのではないだろうか?

 
I am proud as a member of Japanese, who did not push President Obama to apologize to Japanese people. We appreciate the decision of the president and we could feel his sincerity in his expression. He did not need to bow. Bowing is not important. We are much more matured people than those who demand others to bow. We are sensitive enough to consider what other people are embracing in their minds. We just wanted the American president to see the things those keep silent cries of the suffered people in the museum. It was the most important thing I believe.
TV as the media made people more difficult to keep deceiving more audience for a longer time. If you are not sincere it will be very difficult being the target of the TV cameras for as long as 8 years to keep your real characteristics unveiled. From my own experience, I want to assert the simple fact. And most of us, the Japanese were satisfied with President Obama’s sincerity he had shown when he gave silent prayer to all the dead including around 100000 Japanese, some thousand people from the Korean peninsula and dozens of Americans captured and when he listened the voice od the victims and even when he hugged one of them. I believe all those are sincere enough for us.

5月30日

-世界の今と日本